自然派ワインの造り手
ブルーノ・シュレール

2019年3月28日
自然派ワインの造り手 ブルーノ・シュレール

今回は2019年3月に初来日を果たしたアルザスワインの造り手ブルーノ・シュレールをご紹介致します。
蔵の名前は「ジェラール・シュレール」ジェラールとはブルーノ・シュレールのお父さんジェラール・シュレールの名前。1958年までは葡萄栽培家として代々200年近く続く農家だった。1959年よりジェラールが葡萄園元詰めワインを開始。蔵を立ち上げた。その父の名前が蔵の名前となっている。
現在はブルーノが栽培から醸造まですべてを担っている。彼は1982年からこの蔵に入りAOC(原産地呼称制度)の枠にとらわれず独自の考えに基づいたワイン造りを行ない、「アルザスワインの常識」を覆すオリジナルな味わいのワインを生み出している。

BioWine_sub1アルザス地方は、フランスの北東部に位置するヴォージュ山脈の支脈上、ドイツとの国境沿いにある。葡萄畑はそのヴォージュ山脈の東斜面の丘陵地帯を中心に広がるが、この斜面はまさに日当たりの良いバルコニーのようで、葡萄栽培に大変重要な役割を果たしている。この蔵元はコルマールから少し南に位置するHusseren-les-Châteaux(ユスラン・レ・シャトー)村にあり、畑は日照にすぐれた東~南東向きの斜面という好立地条件にある。


BioWine_sub2

またコルマールは、フランスでも最も乾燥した産地の一つであるが、これはヴォージュ山脈がこの地を北西からの激しい雨や風から守っているためである。
フランスの葡萄栽培地の中でも特に乾燥した地方で、年間降雨量は南仏のペルピニャンに次いで2番目に少ない。葡萄造りに非常に適した産地と言われている。
土壌は石灰質土壌中心。粘土石灰質土壌の畑もある。

葡萄栽培は化学肥料や殺虫剤などの化学物質を使わない「ビオディナミ農法」を行なっているが、ラベルに記載できるような認証を得るための「ビオディナミ」の申請をしていない。なぜならビオディナミの認証を得ている生産者でも酸化防止剤をたっぷり入れたり、認証を得ることでビジネスチャンスと思い他の仕事を怠けて美味しくないワインを造ってしまう生産者のものと同列に思われたくないから。

BioWine_sub3彼の造るワインは、INAO(フランス原産地呼称委員会)やアルザスのグラン・クリュ委員会から、いつも目の敵にされてきた。 アルザスのワインといえば、「リッチな味わいでボリューム感のある甘口ワイン」や、「キリッとした酸味でシャープな味わいのさっぱりとした辛口ワイン」が世界的に知られている。 しかし、彼の造ったワインは、それらのワインとは明らかに違うということで、常に折り合いが付かない。ミネラル分やアルコール分に富み味わいの厚みや重層的な味わいの豊富さが圧倒的に他の生産者との違いがある。


BioWine_sub4そんな味わいに虜になる日本のファンも多く。日本で開催されたシュレール・ナイトという100人規模のイベントも大盛況。もうサイン攻めでさながらアイドルの握手会の様相でした。ある輸入会社の方に「何故アルザスのワインを扱わないのか?」という質問をしたところ「シュレールを超えるワインがアルザスにまだ見つかっていないから!」という答えが返ってきた。そこまで言わすほどシュレールのワインには不思議な魅力がある。


まだ飲んでみたことのない方は是非一度このワインを味わってみて欲しい!

https://item.rakuten.co.jp/shinkawa/c/0000000450/

本当に人手不足は経済に悪影響なのか!?

2019年3月15日
本当に人手不足は経済に悪影響なのか!?

現在、日本の求人倍率はバブル期よりも高水準となり、あらゆる産業で人手不足が問題視されています。せっかく景気が回復しているのに人口減少による労働者不足が懸念材料となり、外国人労働者の受け入れ拡大を容認する入管法が可決されました。しかし社会問題にもなっている外国人研修制度の悪用や、その人たちの失踪者問題はあまり多く報道されません。景気回復によって失業率が改善されたことは望ましいことですが、穴埋めに安い外国人労働者受け入れは、別の意味で社会秩序に悪影響を及ぼさないか不安を抱かずにはいられません。

農業現場での人手不足問題は、かれこれ数十年前から深刻化しています。毎年様々な生産地に赴き農家さんに農業の現状を見て聞き回っている私の印象だと、担い手不足感は年々高まりそろそろ米農家辞めようかなんて言う人も現場では増えています。しかしその反動か、最近では人手不足が功を奏し若い稲作農家が手の回らなくなった農地を借り受け大規模化してきているのです。要するに人手不足によって自然と産業再編につながり賃金上昇に至るのです。そうすると人手不足による経済成長の悪影響といったロジックは若干見方が変わってくるのではないかという考えに至ります。

農業の場合、就農人口が減っても農地は減りません。離農した人は耕作放棄してもいいのですが、固定資産税や生産者保護の要素がある助成金などの理由から、農地を貸す方が有利な場合があります。若い農家さんはその離農された元農家さんの土地を借り受けることによって、栽培面積が拡大し農地が集約され生産効率が良くなり生産量も増えます。それに輪をかけ、大規模化する事の助成が受けやすくなり事業拡大の筋道が見えてきます。

戦後、GHQによる農地改革によって小作人が土地を安価で購入し農業を営むことができるようになりました。これにより農地の地権者が複雑に入り組み集約農業を難しくしていたのですが、地権者の離農が高くなると事実上、農地改革以前の集約形態に戻っていくはずです。
単純に考えても100aの農地を10人で使えば一人の分け前は10a分です。しかし5人で分ければ20a分になり収穫量は倍になります。現代の農業生産は技術発展により労働環境は70年前と比べ物にならないくらい楽になっていますし、IT化によって栽培効率も格段に良くなっています。1人で100aを管理することも難しくないかもしれません。

経済学の基本概念は資源分配だったと思います。いま、富の一極集中といったいびつな社会構造にはなっていますが、人口減少に拍車がかかれば安い労働力を必要とする産業は投打され社会が健全化されるのではないかと思います。最近、コンビニの24時間営業を見直すフランチャイズチェーンもありました。今より不便になるかもしれませんが過度に便利を追及する必要はないと思います。人口が減れば実は経済に影響はなくもっと居心地がよくなるのではないかと、若い攻めの生産者との会話で気付かされるのです。

彫刻家というより木工職人という清々しさ

2019年3月 5日
彫刻家というより木工職人という清々しさ

時の経つのが速すぎます。これはもう時空が歪んできているせいです。さらに最近はポイントだ、キャッシュレスだ、と覚えることが多くてウンザリですが、そんな中、なんともホッとする木彫り人形を見つけました。
半年ほど前、東京・阿佐ヶ谷のあるギャラリーの店頭に、風船を持つ少年の木彫りが置いてありました。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

1