ぼくは

2018年12月25日
「ぼくは」

突然だが
僕はその昔
臨死体験?のようなものをしたことがある
あれは20代中頃
その日もいつものように
友人がアルバイトをしていた原宿の服屋さんで閉店後にワイワイしていた
大体集まっては最近聴いた音楽の話や面白い映像の話を飽きることなくしてほど良き時間になったらクラブに繰り出したりしていたと思う
YouTubeなどない時代
それぞれがそれぞれ独自のルートで集めた海外の映像作品や映画のワンシーン
レコード屋でみつけた最新の音楽やDJ に頼み込んで教えてもらった曲など
20代の尖ったアンテナに引っかかった様々なものを持ち寄っては
仲間内でシェアしていた
メディアサーカスのショー、モンティパイソン、ninja tuneやmo'waxレーベルの音楽、ミシェルゴンドリーの映像など
自分たちもこれに負けない何かを生み出すんだ!
とひたすらインプットを繰り返していた時代
その夜流れていたのは、比較的bpmのはやいハウスだったと思う
狭いところが苦手な僕は
その日の人口密度と速いテンポの音楽になんだかだんだん苦しくなって来て
ちょっとした酸欠状態になっていた
少しずつ体勢を崩して行き
やがて床にへたり込んで
ああもう音楽はもういらない!静かにしてくれ!
と思ったその瞬間

僕は散った
ホウセンカの種が飛び散るように
ビリヤードの白い玉に突かれたように
水滸伝の始まりのように
僕は散って

死んだ
と思ったのだ
風船の中に大量に詰め込んでいたBB弾が弾け飛んだような感覚
四方八方に自分が粒のようになって飛び散ってゆく
ここに自分はいなくて
代わりにあそこにもあそこにも
あんなところにまで自分がいる

ほんの一瞬だった
粒がカラダに戻って
僕は我に返り
何ごともなかったかのようにその日もまたクラブに繰り出したのだと思う

けれども
そのことをきっかけに
僕の死生観は徐々に変化していった
人は粒の集合体で
これがカラダから飛び散ると死んでしまう
ただその粒の一つはまた別の粒たちと集まって
また新たな命になる
そう考えてゆくと
葉っぱ1枚見ても
そうかこの中には自分の粒が入っているのかと思い
すれ違う犬を見ても
この中にも自分の粒が入っている
ああなんて可愛い犬!
そう思うようになる
(今は流石にそこまで極端には考えていません)
それがある程度言葉で説明できる形になったのはもう少し先
クッキーを食べているときだった
多分当時好きだったチョコチップクッキーかオレオ
クッキーという形のあるものが
噛み砕かれて体の中に入る
テーブルの上にはクッキーはなくなる
けれども
クッキーは僕の体の中にちゃんとある
あと数時間したら
あるものは体に吸収され
またあるものは体の外に出され
土に還る
クッキーはなくなる
でも
なくなったのはクッキーという名前で呼ばれていた形であり
本当にこの世から姿を消してしまったものはない
形が変わるだけで
ちゃんとこの世界のどこかに存在している
空っぽになった手のひらを眺めながら
そんなことを考えていた

あれから10年以上の月日が流れ
その間に親しい人をなくしたり
植物を枯らしたり
お気に入りのカップを割ったりもした
この世から本当になくなるものはないなんて理屈をこねても
悲しいときは悲しいし
涙は出るし
喪失感は理屈ではちっとも癒されはしない
けれどもあの日に体験から得たあの感覚は
今も僕の物の考え方の芯になっている
そして先日
この絵本と出会ったのだ

「ぼくは」
藤野可緒 作
高畠純 絵
フレーベル館

芥川賞受賞作家と愉快な絵描きさんのコラボである
内容は
まんま僕が考えていたクッキーの話
牛乳も
パンも
切り分けられてりんごも
食べられていなくなるけれど
あーたべないでー
ぼくがなくなる!
あれ?
あれあれ?
ちゃんといる
それが高畠さんのわかりやすい絵で伝えられている
そしてこの絵本の素晴らしいのは
パンや牛乳のようにわかりやすく「形あるもの」だけでなく
最後にそう
絵本についても触れていること
手法は少し極端で
もう少し他の表現でもよかったのではないかとも思うけれど
うん
読んだものもちゃんとなくならないで
なかにあるんだ
ということ
しっかり描いてくれている

いのちについての考え方
世の中に沢山あってどれが正しいとかではない
その中で
こんな考え方もあるよ
と数ページで教えてくれる
とてもシンプルな絵本
対象年齢は4歳からと書いてある
そう
4歳のキミでも
40歳のキミでも
きっと何かは感じる
そういった一冊
「ぼくは」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

南インド料理を食べに行く

2018年12月19日
南インド料理を食べに行く

 先月28日、インドのモディ首相が来日、安倍首相は軽井沢の自分の別荘に招いて夕食会を開いたという。
 メニューは何だったのだろう。カレーも出たのだろうか。インド人は365日3食すべてカレーを食べると聞いたことがあるが、ほんとうだろうか。
「インドではあらゆる料理にスパイスを使います。日本料理に醤油を使うようなものです。

» 記事の続きはこちら
南インド料理を食べに行く

記事提供:社団法人東京都トラック協会

1