ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ

2017年11月30日
「ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ」

さあ
今年もホリデーシーズンがやってきた
ぼんやりと外の雨を眺める日々も終わり
年に一度の絵本屋の張り切り時
一年間ためた200冊あまりのクリスマスの絵本を一度に放流する
今年はなかなか楽しい絵本を捕獲した
沼の主みたいに滅多に姿を現さない存在
しかも普通の絵本より少し小さめのサイズで
ちょいと目を離すとすぐ
岩陰に隠れてしまう
その名も
「ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ」
作者はピッピやロッタちゃん、やかまし村など
小さな子どもたちを描く天才
アストリッド・リンドグレーン
それらの挿絵を担うヴィークランド
訳 山内清子
偕成社
1977年初版

素敵な表紙でしょう
怪我したおばあちゃんの代わりにクリスマスの飴を売っている赤い手袋の女の子
この子がカイサ
お釣りの関係で銀色の50ヨーレ硬貨しか受け付けていません
早速中を覗くおチビちゃん
更にそれをチロリと赤い舌を出して待つ黒犬
お使いでツリーを買いに来た女の子も
余ったお金で飴を買おうか思惑中
何せおばあちゃんの作った飴はこの辺りじゃ一番
ポイントはほどよい甘さ
お店は大盛況
「かさじぞう」とはえらい違いです

カイサは生後3か月の頃
おばあちゃんの小さな小さな可愛らしい家の前にかごにねかされおいていかれたこ
生後3か月
おばあさんの話ではすでにぴちぴちしていたそうです
寝返りをコロコロしだし
笑い声も大きくなりだすあの頃
可愛くて可愛くて仕方ないだろうに
やむを得ない理由があったのだろうな
きっとおばあちゃんが戸を開け
赤ちゃんを発見するまで
母親は物陰でじっと見ていたのだろうな
そんなことを考えながら本をひらくと...
大丈夫
カイサはぴちぴちと大きくなって
今は7才近く
おばあさんと2人で日々をちゃんと生きています
今日も小さな可愛らしい家の
玄関の階段に座っています
(人はもちろんですが、僕はヴィークランドが描く家や室内が大好きです。光と影、ランプや日の光が届く明るい場所と、それが届かないひっそり静かな場所の描き方がすごく素敵なのです。山小屋などの天井のあの少し暗くすすけた感じ、あれを描く方です)
おばあちゃんが怪我をしているから
クリスマスプレゼントはどうなるのかな
大丈夫
おばあちゃんはちゃんとカイサが欲しがっていたアレを
スーデルンドさんのお店に取り置きしてあります
「ひみつ」と書かれた手紙を手に
「ひみつ」の何かを受け取りに行くカイサ
お店で待つカイサ
(この絵が最高です)
プレゼントの入った箱
中がアレだったらいいな
おばあさんと2人で歩きながらいつも眺めていたあのお人形
大丈夫
クリスマスの絵本
ハッピーエンドに決まっています
クリスマスはみんなのもとにちゃんとやって来るのです
年齢より少ししっかりしていて
年齢通りちゃんと未熟
みんなが幸せな気分になるクリスマス
その幸せで特別な気分を
絵とお話しに閉じ込めた
このお話しを知っているってだけで少し
しあわせな気分になる大切な一冊
「ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました
そうそう
カイサが自分だけプレゼントをもらったと思いますか?
おばあさんは?
そう
クリスマスは
みんなのもとにやってくるのです

「1968年」無数の問いの噴出の時代

2017年11月22日
「1968年」無数の問いの噴出の時代

「1968年」無数の問いの噴出の時代」展が、国立歴史民俗博物館で開催されています。
無数の問いとは何でしょうか。
誰が何を、だれに問うのか、問いには答えがあったのか?
第1の問いは、ベトナム戦争です。1965年に始まったアメリカ軍による北ベトナム爆撃、いわゆる北爆は世界中に衝撃を与え、反戦運動が起こりました。

» 記事の続きはこちら
「1968年」無数の問いの噴出の時代

記事提供:社団法人東京都トラック協会

美味しさの秘訣は計量

2017年11月15日
美味しさの秘訣は計量

「同じお米なのになぜ?毎回違う炊き上がり!」という経験ありませんか?

ごくまれに、
「前回のお米はベチャっと炊き上がり美味しくなかった」
「今回のお米は粘りがすくなく感じた」このような問い合わせがあります。
でも一つの提案でほぼ解決します。

それは「計量」です。
計量カップでお米を1合、2合とすくい量るのではなく、計量器を使って重さで量ってください。1合は150gが目安です、よって3合の場合は450gと量れば1回で済みます。

粘りを強く出したり、硬めに炊き上げたりする場合は他の調理方法があるので、今回はあくまでもお米の品種特性を知り「基本の味」を毎回同じ品質で炊き上げる手法です。

なぜ計量カップだと安定したか炊き上がりにならないのか?
まず、米びつないし米袋から計量カップでお米をすくい上げます。
その時お米はカップの表面が、
① 山型になっているか
② 凹んでいるか
③ そのカップの底をトントンと叩いて均していないか。
すでにこの3パターンでカップの中のお米の重さがそれぞれ変っています、実際に量ってみると①は約170g②は約145g③は約165g。それを5合量った場合の誤差は相当です。

美味しさの秘訣は計量

毎回同じような計り方でも、カップの中に入ったお米の向きや詰り具合でも若干変ってきます。これは体積と容積の関係になるのですが、水のような液体であれば計量カップの中に万遍なく行き亘り毎回180ccになります。しかしお米の場合は粒の集合体です。重なっている場所に若干の隙間が生じ毎回同じように計量しても微妙な誤差は必ず出ます。よっていつもお米を美味しく炊くには毎回正確な計量が必須になってくるのです。

特に新米はお米の水分含有量が多く、でん粉がまだ不安定な状態なので炊きムラができやすい時期です。上手く炊ける時と失敗する時の差を無くすためにもキッチリ計量する事をおすすめいたします。もし計量器がご家庭に無い場合は、計量カップにお米を山盛りすくい、箸でカップの淵の端からスーッとなぞってカップの表面を平らにしてください。この時上から押さえつけるのではなく軽くなぞるといいでしょう。水の質や浸水時間、水加減でもお米の炊き上がり状態が変りますが、たかが計量されど計量です。