ぼくからみると

2017年8月30日
「ぼくからみると」

お店の端っこのほうに常にあるけれど
とくに光が当たることもなく
手に取られ旅立っていくことも
ほぼない本たちのコーナーがある
田島征三さんの「猫は生きている」や
米倉斉加年さんの「おとなになれなかった弟たちに...」
「トミーが3歳になった日」「アンネの日記」
そう
戦争に関する本
普段はひっそり佇んでいるこれらの本たちだが
やはり8月になると手に取られる機会は増えて来る
その中心になる一冊を何にするか
そのことについていつも考える
絵本の古本屋として
小さな子どもたちに
何を伝えられるのか

昨年はピータースピアの「せかいのひとびと」
世界には色々な肌の色、目の色、髪の色
色々な信仰
色々な文化の人がいて
ある人たちにはどうでもよいことが
ある人たちにはとても大切だったりする
同じことで喜ぶ人もいれば
傷つく人もいる
多様性についての絵本を選んだ

一昨年は谷川俊太郎さんの「みみをすます」
色々な声にみみをすまそう
小さな声にも
大きな声にも
そして
一つの声にみみをすますことが
もう一つの声にみみをふさぐことに
ならないようにしよう
そういう詩集

そして
悩みに悩んだ末今年選んだのが
この一冊

「ぼくからみると」
片山健 絵
高木任三郎 文
福音館書店

片山健さんの絵による
夏の青と緑が力強く鮮やかで美しい
生命力にみなみなぎった一冊
舞台は田舎の池のほとり
その名もひょうたん池
草や木が鬱蒼と茂り
わきに舗装されていない道が通っている
道の端には自転車に乗る男の子
なかなかのスピード
池のほとりにはもうひとりの男の子
釣り竿を池にたらしている
これがよし君
まずはよし君から見た景色
人間の男の子から見た
夏のある日のある一瞬の景色
ページをめくると...
池の魚から見た景色
水の中から
キラキラ光る水面を見上げる
またページをくると
かやねずみのお父さんの視線
!こんなところにも命が隠れていた
またページをくる
ぐーんと上がって今度は空を舞うトンビの視点
そう
表紙の彼
ページをくる毎に変化する視点
登場する命
しょうちゃん、カイツブリ、かやねずみ、トンビ、いぬ、よし君
気付かなかった命
気付かなかった視点が次々に
静かに
力強く現れる
あれ?
ぼくってだれだ
しょうちゃん?よし君?
カイツブリ?トンビ?
それとも読んでいるぼく?
描いている片山健さん?
あなた?
わたし?
一つの景色
一つの物事の中に
こんなにも沢山の命や視点があることに驚き
その生命力が片山健さんの絵によって力強く伝わってくる

そう言えば昔懐かしの「ぽっぺん先生と帰らずの沼」も
同じように視点が変わるお話だったな
あれは食物連鎖の話だったか

違う立場になって考えてみる
相手の立場になって考えてみる
小さいころ
「自分がされたらどう思う?」
と言われるあの誰かと仲良くするための基本的な秘訣

家の近くに空き地があって
つい最近まで夏草がわれもわれもと
高見順の詩のようにのびのびしていた
圧巻なのは夜で
自転車で前を通ると
祭りかのような虫たちの声
ぱっと見何もいないように見える世界に
こんなにも沢山の命がいたことに
思わず自転車を止め
暫しの時間を過ごした

綺麗に刈り取られ
そこに命の気配はない
(だが実は種は地中に潜み、次のタイミングを待ち、地中にはミミズやらもぐらやら、目に見えぬ微生物やら、沢山の命が潜んでいるのだ!)
あの虫たちはどこへ行ったのか
どこかの軒下で今夜も鳴いているのか

一冊の中に
沢山の命を包み込んだ
エネルギーに溢れた本
「ぼくからみると」
8月も終わるこの時期
終戦の月に絵本屋が送りたい一冊
手にとってみては如何でしょうか
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

自然派ワインの造り手
「ガングランジェ」

2017年8月24日
自然派ワインの造り手 「ガングランジェ」

フランス・パリから約500km、ドイツとの国境付近に位置するアルザス地方。この地は17世紀から19世紀にかけてフランスとドイツが領有権争いを続けていたため、フランスに属したりドイツに属したりを繰り返してきたという歴史がある地。今もなおドイツの文化も色濃く残っている。アニメ「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)のロケ地ともいわれるコルマールという都市から10kmほど南下した小さな村ファッフェンハイムにガングランジェという蔵元がある。現当主はジャン・フランソワ・ガングランジェ。西側は傾斜の急な丘陵地が南北170kmに渡り連なり、東向きに面したアルザスワインの銘醸地が帯のように連なる。その丘の中腹に彼のブドウ畑は集中する。気候は半大陸性気候で、西のボージュ山脈が海洋性気候をせき止める影響で風は穏やかだが、一年中乾燥しており、冬は寒く、夏は非常に暑い。春秋は朝夕の気温の寒暖差で付近を流れるライン川の支流からしばしば霧が運ばれる。

ジャン・フランソワは父がぶどう栽培農家だったため、小さいころから父の仕事の手伝いをしていた。醸造の学校を卒業して1990年、老齢のため半引退となった父の後を継いだ。 引継いだ当時はまだ農協にブドウを売って生計を立てていたが、1996年従兄弟のシュレールの影響でビオの農法に目覚め、再びビオを学ぶために学校に通う。その後マルセル・ダイス、ジェラール・シュレール、トリンバッハ等が集まるビオディナミの勉強会へ参加し、それ以降畑の農法にビオディナミを取り入れる。1999年、父の完全な引退と同時にドメーヌ・ガングランジェを起ち上げ、自らのワインを作り始める。同年、エコセールの認証、そして、2001年にデメテールの認証を取得。

BioWine_sub2 彼の所有する品種は、赤はピノノワール、白はリースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノグリ、ピノブラン、ミュスカ、ピノオーセロワ、シルヴァネールである。畑の仕事にビオディナミを積極的に取り入れ、土壌とブドウの樹にとっての最高のバランスを常に追い求める。ビオディナミはもちろん畑だけではなく、瓶詰タイミングなどの醸造面にもおよぶ。アルザスの伝統大樽「フードル」でワインを仕込み、天然酵母、酸化防止剤も最小限に抑えられた、いわば自然派タイプのワインを作る。


BioWine_sub2

ジャン・フランソワは趣味も楽器以外は「ブドウを育てること」と仕事が半ば趣味になっているような超がつくような真面目な男。90年代前半、父親の畑を引継いだばかりの時期は試行錯誤の連続だったという。当時はまだ普通に除草剤、農薬を使っていた時期で、現在ビオディナミを忠実に行う彼も、それが当たり前だと思っていたそうだ。だが、ブドウの樹の病気の蔓延により、化学農薬が万能ではない、むしろブドウの樹の抵抗力を弱めることに気づき、以降ビオロジックの世界にチャンネルを切りかえた。ビオ農法(ビオディナミ)を取り入れた前後で、どんな違いが見られたか?という質問に対し彼は、「ブドウの樹の根が深くなり、ブドウの房に張りが出てきた」と。ワインの味もビオディナミを取り入れた当時に比べて、現在はワインの青臭さがなくなり、どんなにブドウが熟してもしっかりとした酸が残るようになったそうだ。そして何よりもブドウの樹の病気が少なくなったことに彼は実践の成果を見出している。「ビオディナミをオカルトだと批判する人がいるが、まずは実際に実践してみることだ。実際に明らかな実践結果の違いが見えたから僕は信用せざるを得ない」どうやら彼にとってのビオロジック思考は、哲学からではなく実践から来ているようだ。

BioWine_sub2 アルザスでダントツで人気のあるシュレールと懇意にしている従兄弟ということで彼のワインを飲む前はシュレールスタイルの似ているかと思ったが全く違う。2003年から一部SO2無添加のワインを試作していたが、2012年から本格的にサンスフルのワインスタイルにシフト。ますます進化して旨くなっている彼のワイン。見つけたら是非試してほしい!


ワイン

●AC アルザス・シルヴァネール・サンスフル 2015(白)

2015年からサンスフルに移行!収穫のタイミングは糖度よりも酸を重視し、完全辛口のワインに仕上げるスタイルにシフトした!残糖は1 g/Lと辛口だが、ワインはほんのりとした甘さを感じさせるような優しいエキスのボリュームがあり、同時にジンジャーのようなスパイシーさもある!また、アフターに感じるチョーキーなミネラルも心地よい!中華料理などによく合いそうだ!


●AC アルザス・リースリング・サンスフル 2015(白)

SO2添加のリースリングに対し、こちらはグレ・ローズの混じった粘土質石灰質の土壌だ。特徴は、ガングランジェ曰く、グレ・ローズのテロワールにより、酸やミネラルがダイレクトにワインの味わいに反映されること!また、この畑のリースリングは、リースリングの中でも晩熟のタイプのセレクションマサールが植えられていて、さらに畑が北東に位置することもあり、ブドウが完熟してもアルコール度数はいつも低いそうだ!ちなみに、今回も2015年という天候に恵まれた年にもかかわらず度数は11%!だが実際の味わいは、旨味がしっかりと詰まっていて、長熟さえ予感させるポテンシャルがある!


https://item.rakuten.co.jp/shinkawa/c/0000000451/

ヨコハマ トリエンナーレ2017とヴェネツィア ビエンナーレ

2017年8月17日
ヨコハマ トリエンナーレ2017とヴェネツィア ビエンナーレ

 3年に1度、世界各国からアーチストを招待して開かれる現代アートの国際展「ヨコハマ トリエンナーレ2017」が開幕した。タイトルは『島と星座とガラパゴス』―《「接続」と「孤立」をテーマに、世界のいまを考える》だそうである。今回は約40人・組が参加する大展覧会である。
  関連して、黄金町バザールやBanKART Life V なども参加。ほかに象の鼻、水族館劇場などでイベントが開催され、トリエンナーレ期間中、橫浜はアートの街になる。

» 記事の続きはこちら
ヨコハマ トリエンナーレ2017とヴェネツィア ビエンナーレ

記事提供:社団法人東京都トラック協会