夢ってなんだろう

2017年4月24日
「夢ってなんだろう」

「夢ってなんだろう」
村瀬学 文
杉浦範茂 絵
福音館書店

小さい頃の夢は
「夢」を録画するビデオを発明することだった

今朝見た夢が
どうしても思い出せない
何だか凄く変わった夢で
ほぅそんなタイプの夢もあるんだ!
よし
これは朝食の時に妻に話そう
(食事のときの会話が好きで、見たこと聞いたこと発見したことなどはそこまでためていたりする)
と思って目を開けると妻は妻で
「頑張った頑張った。あなたはよく頑張ったよ」
と寝ぼけながら僕の頭をなでている

とりあえず起こしてどうしたのか尋ねてみる

どうやら僕の演出した舞台で
ダンサーがかなり大事なきっかけをミスしたらしい
しかも後半になると
隣に座っていた人や周りの人たちがわらわらステージに上がって行き
実はお客さんだと思っていた人達はほぼ出演者で
実際のお客さんはわずか数人だったという

なんてこったいと一笑いし
さあ今度は自分のあの面白い夢を語る番だ
と思った時にはもう
自分が見た夢の内容はすっかり忘れてしまっていた

きっと皆さんも同じだろうが
小さい頃からこういうことはしょっちゅうあった
凄く面白い夢を見た
凄く悲しい夢を見た
夢の中で画期的な発明をした
だが目覚めて思い出そうとした瞬間
何かの魔法のように記憶が消えてしまう
温度というか匂いというか
その夢の雰囲気や感情だけはしっかり覚えているものの
肝心の内容はスコンと抜けてしまっている

小さい頃の夢は
「夢」を録画するビデオを発明することだった

現実と非現実の間
この2つの世界の間にあるのが
例えば本だと思う

現実世界から非現実世界を覗く扉
それが本だとしたら
夢はその逆で
寝ている間に非現実世界から現実世界にどわっと勝手に流れ混んで来て
頭の中をいっぱいにする
そして目覚めと同時に扉から向こうの世界へ引き上げてしまう
たまに運良く部屋に転がっていた彼らの忘れ物や
扉に挟まったシーツの先っぽを頼りに
昼間の時間に夢の記憶を引き戻すことは出来るものの
あの夢の部屋の生々しい感覚は帰ってこない

絵本屋がこんなことを言ってはいけないかもしれないけれど
正直
ナルニアより
ゲドより
はてしない物語より
自分が主人公で体験できる
自分の夢のほうが断然面白い
一体全体
夢ってなんだろう
夢ってなんなんだろう

この本は
そんな夢の秘密や疑問を
オトナにもコドモにもわかりやすく
夢の壺というキーワードで説明してくれる
読みやすいけど専門的な
専門的だけど読みやすい
小学生の頃の僕が読んだときも面白かったし
大人になった僕が今読んでもナルホド
と発見する
お見事な一冊だ
そして
更に素晴らしいのは
神沢利子さんのウーフには井上洋介さんの絵が正解であったり
佐藤さとるさんの物語には村上勉さんの絵が正解であるのと同じよう
この夢という不思議な世界を描くには
杉浦範茂さんの絵が間違いなく正解であること

いないいないばあ
これはのみのぴこ
木を植えた男
みみをすます
おやすみなさいおつきさま

文と絵の間に
これしかない
という結びつきが生まれたとき
時代を超越していく名作というのは誕生するのですね
80年代から読み継がれる名作
88年にはカタロニア賞受賞
村瀬学 文
杉浦範茂 絵
福音館書店
たくさんのふしぎ傑作集
「夢ってなんだろう」
フランソワバチスト氏がご紹介致しました

自然派ワインの造り手
「クロ・デ・ジャール」

2017年4月19日
自然派ワインの造り手 「クロ・デ・ジャール」

南フランスのラングドック地方ミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村にヴィヴァン・エメルズダエルという若手醸造家がいる。
1990年に、ヴィヴィアンの両親がミネルヴォワのブドウ畑を購入した。本業とは別に、両親は農協へブドウ販売を行っていた。彼らはワイン造りをしたことがなく、醸造設備も持っていなかった。2010年、ヴィヴィアンが両親の畑の一部を引き継ぎ、有機栽培へ移行した。また、家の納屋を改造して小さな醸造所を作った。初ヴィンテージが生まれ、醸造元ル・クロ・デ・ジャールの誕生となった。

BioWine_sub1 ヴィヴィアンは、ワイン学校を卒業後、アルザスのビオディナミ農法をやる醸造元で研修した。その後フランス中のビオ栽培家、自然派ワイン醸造家をまわって修業した。その後、全く違う世界も見たくてニュージーランドに渡った。ニュージーランドでは大手醸造企業でフランス醸造杜氏として働いた。ニュージランドでは、やってはいけない事を実地でやり、その結果どんなワインになるかを学んだ。つまり、最新の醸造技術、果汁濃縮装置の使用、香り付け人工酵母の使用、酸化防止剤の多用、修正用の補酸,補糖等。このときの経験が反面教師となり、ますます自然派ワインを造ろうという方向性に導かれた。
醸造はもちろん自生酵母のみで発酵、SO2も最小限に抑えた自然な造り。ヴィヴィアンは自分自身、濃厚過ぎるワインがあまり好きではない。最初から目指すワインは、飲みやすく喉をスーット通るスタイルのワイン。


BioWine_sub2 そんなスタイルのワインを造るには暑い!熱い!!南フランスでのブドウ栽培において葡萄に酸を残すことが課題だった。地中深いところには水分がある。そこまで根を伸ばす為には、地表に化学肥料をやらず、根っ子が自ら地中深くに伸びていくビオ栽培をすることが必要だった。そして、それでも葡萄の水分が少なくなることを避けるため、葡萄の房を少なくすること。厳しい剪定を実行。芽を一つずつしか残さない超短い剪定もしている。




BioWine_sub3

ビオ栽培を初めて7年目。葡萄の根っ子が地中深く伸びているのを実感している。乾燥した年でも葡萄のストレスが見られなくなった。地中深くから水分を補給できるようになっているのを感じる。水分と共にミネラル分も吸い上げられる。ミネラルが増すと透明感がでてくる。根っ子が地中深くから水分を吸い上げるお蔭で、葡萄実が酸を残しながら熟すようになった。ワインが、爽やかで心地よい果実味もありながらスゥーット体に入るようになってきた。

BioWine_sub4

BioWine_sub5 やっと、自分が目指すワインができてきた。
それと同時に、パリのビストロ、ワイン屋からも外国からも注文が入るようになった。
これからがもっと楽しみな醸造家ヴィヴィアン。彼を全面的に応援しているのが優しい両親。自分が持っていた最良の畑を息子のヴィヴィアンに提供したお父さん、お母さん。



ワイン

●エストランジェ 白

BioWine_sub6 石灰土壌から来る爽やかなミネラル感と共に、繊細で優雅な飲み口へと続く。すっきり辛口だが、厚みも十分に感じる。後味に残る、軽い苦みが特徴的。海の潮っぽさがあって魚介類にあう。勿論、赤ワインの中にも、潮っぽさ、昆布ダシ系の旨味が入っている。だから、出汁系の和食にも合わせやすい。ソーヴィニヨン・ブラン 100%


●アンスシアンス 赤

BioWine_sub7 カラドックというマルベック種とグルナッシュ種の交配品種とメルロを使用のワイン。 カラドックから来る厚み、タンニンの強さを感じる。口当たりは柔らかく飲みやすい赤ワイン。強烈な果実のアロマと、爽やかさ、軽やかさが魅力的。仲間が集まってワイワイ楽しく飲むのにピッタリ。


●アブランシス 赤

BioWine_sub8 複雑さを感じる赤ワイン。シラーの比率は低いが、多品種とのブレンド比率の良さが出て、豊かなタンニンを感じる。後味のキレが特徴的。赤い果実のアロマと、ガリッグ(野生の香草)やスパイスのアロマにより「テロワール」が表現されている。グルナッシュ、カリニャン、シラー使用。


●ユトピー 白

BioWine_sub9 色合い、味わいともしっかりとしていて非常に厚みを感じさせる白ワイン。カラフェに移すか、空気に触れさせるとワインが開く。白い花や桃などの複雑な香り。余韻も長く芳醇。味わいは上品で、繊細な酸味が心地良い。苦みと酸味のバランスも良好。グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、ヴェルメンティーノ使用。


主役ではないけど主食です

2017年4月15日
主役ではないけど主食です

日本の主食は、と聞かれれば「お米」と当り前のように答えると思います。では他の国の主食はいったい何になるのでしょうか。そもそも主食という概念はあるのでしょうか。

実はヨーロッパでは肉もパンにも主食という概念は無くほぼ外注、よって女性が家事に費やす時間は少なくなるので、結果的に社会進出率が高くなるそうです。

ドイツの例をあげると分かりやすいのですが、マイスター制度という技能商号がありパンや肉加工職人がマイスターとして活躍しています。よって家庭では加工された食材を買い簡単に調理することが一般的のようですね。一方、日本では今や外食や中食文化が進んでいて一見自炊時間が減少していると感じますが、家庭の味と言われるようにまだまだ家庭料理を作る率が高く、主婦という概念は海外とは少し様子が違っているのだと思います。

そもそも生活環境や宗教観、子育ての環境文化が西洋と根本的に違うので、自炊する日本文化の利点を考慮しなければいけません。いまや運動会や遠足など子どもの学校行事だけではなく通常生活の中でもコンビニ弁当時代ですから、すでに家庭の味という食文化が廃れているかもしれません。たしかに子育て世代は何かと忙しい時期ですが、何物にも変えがたい育児期間は愛情弁当によって子どもの心と体の成長を支える大切な食育になるはずです。主食によって育まれる家庭料理の意味を日本文化と位置づけたいですね。

ではなぜ日本人は自炊中心なのでしょうか。単純に考えると他の国と全く気象環境が違うからだと思います。夏が雨季で、冬が乾季、雨が多い日本は他の国に比べて圧倒的に水に恵まれ植物の生育環境がよく食材の種類が多く収穫できます。そして穀類を小麦のように粉にして増やす事を考えず収穫効率や連作障害が起こらないお米を粒の状態で食べてことができ、発酵に恵まれ、海に囲まれている最高の立地です。

日本食の主役は四季折々、その時期の収穫条件で品が移り変わりますが、脇役のお米(穀物)は劣化するものの1年を通して美味しく食卓を演じてくれます。これも自己主張が強くないおかげで飽きずに付き合える。よってしばらく食べないと何か物足りなさを感じる。酒や味噌、団子、和菓子屋など様々な物に変化し活躍していることを考えると、主食といえる食材がある国に生まれてきた事にありがたみさえ感じてしまう。

最近では自己主張の強いお米が増えておりますが、食卓と体のバランスを整えてくれる内助の功をと考えると、流行り廃りではなくあまり前に出ないお米の方が日本人の奥ゆかしさと、長く愛でる秘訣なのかもしれません。