とぶ船

2017年1月31日
「とぶ船」

「とぶ船」
ヒルダ・ルイス
石井桃子 訳
岩波書店

需要と供給
最近よく思うことだ

疑問の始まりはここ
最近お店にいらしたお客様からのある質問

子どもが欲しい本を買ってあげるのがよいのか
その時期に読んだほうがよい本を
勝手に買い与えるのがよいのか

ニーズに応えるのか
こちらから提案するのか

僕個人の経験で言うと
僕が子どもの頃自分で選んだ絵本は一冊もない気がする
小学生の頃にはまった北欧の神話や
ルパン、ホームズ、江戸川乱歩などはおねだりしたり
お小遣いで買ったりしたが
ナルニアやリンドグレーン、ケストナーあたりの児童文学は
気付いたら本棚にあったように思う

最近妹と話してみて
自分たちで選ばなくてよかったね
という意見で一致した
あの頃の自分たちの審美眼では
「ピッピ」や「飛ぶ教室」にさえ辿り着いたとは到底思えないし
「トムは真夜中の庭で」など決して発見出来なかったに違いない
目に入るのは「ゾロリ」や「こまったさん」だった
(もちろん「ゾロリ」も「こまったさん」も欠くことの出来ない素晴らしい名作だけど)
気付いたら家の本棚にあった数々の本たち
それらによって僕は
子どもの時代にしか開けないドアを開け
子どもの時代にしか行けない旅に出ることができた
現実と非現実の境目が曖昧な時期にしか見えないもの
感じられないもの
それらに出会えたことをとても感謝している
(そして何故この「とぶ船」にあの時期に出会えなかったのか残念で仕方がないのだ)

需要に応える
というのはとても大切なことだ
けれども同時に
何十年後に芽が出るのかわからない種を蒔き育てること
例え無駄に終わろうとも
意志を持って種を蒔くことも
失ってはならないと思う

かつて岩波少年文庫の巻末に必ず載っていた名文がある

『一物も残さず焼きはらわれた街に、草が萌え出し、いためつけられた街路樹からも、若々しい枝が空に向かって伸びていった。戦後、いたるところに見た草木の、あのめざましい姿は、私たちに、いま何を大切にし、何に期待すべきかを教える。未曾有の崩壊を経て、まだ立ちなおらない今日の日本に、少年期を過ごしつつある人々こそ、私たちの社会にとって、正にあのみずみずしい草の葉であり、若々しい枝なのである。 この文庫は、日本のこの新しい萌芽に対する深い期待からうまれた。この萌芽に明るい陽光をさし入れ、豊かな水分を培うことが、この文庫の目的である。幸いに世界文学の宝庫には、少年たちへの温かい愛情をモティーフとして生まれ、歳月を経てその價値を減ぜず、國境を越えて人に訴える、すぐれた作品が数多く収められ、また、名だたる巨匠の作品で、少年たちにも理解し得る一面を備えたものも、けっして乏しくはない。私たちは、この宝庫をさぐって、かかる名作を逐次、美しい日本語に移して、彼らに贈りたいと思う。』

需要と供給
ニーズに応える
ではない
信念を持ち
夢を託し供給する
その精神の上に生まれた本たちは今もなお
多くの子どもたちに愛されている

前置きが長くなったけれど
黙っていても子どもが欲しがるキャッチーなパワーを持つ本だけではなく
子ども時代に是非とも読んでおくべき本
読まなくても困りはしないが
読んだことで世界が広がり
その後の人生を豊かにする本
というものが確かにある

例えばこれだ
「とぶ船」
少年ピーターが
眼帯のおじいさんの店で手に入れた小さなオモチャの船
それは願う場所どこへでも
時空すら越して行ける魔法の船だった
時にはポケットに収まるくらい小さくなり
また時には一個兵団を輸送出来るくらい大きくもなるとぶ船
先端には表紙の絵のように金の猪
この鼻をなでると着いた先の言葉を話せるようになる!
まさに夏休み映画のドラえもんの世界
とぶ船に乗り様々な旅をするピーターと兄弟たち
だがやがてみな大人になり
ついにはピーターも...

僕がこの本を好きなのはこの終わり方だろう
この本が子ども騙しではない所以

一文だけご紹介

「ぼく、忘れたくありません。」
ピーターは、大きな声でいいました。「忘れたくありません。」

そう
あのピッピのラストシーン
ごたごた荘の窓明りを思い出させてくれるような
「せつなさ」をヒルダルイスはちゃんと描いてくれている

児童文学における「せつなさ」は
「いつか終わるこの最高に楽しい瞬間」に対してで
それは夏休みの終わりや
友だちと遊んでいる時に鳴る5時の鐘
そして
いつかは終わってしまうこのかけがえない子ども時代

よい児童文学はいつも
子ども自身が本能的に気付いている感覚
最高に楽しいと同時にいつか必ずこれは終わるのだ
という「せつなさ」を内包していて
それが故に子どもたちと
かつて子どもだったものたちを惹きつけてやまない

「とぶ船」「ナルニア」「ピッピ」
みんなそうだ

「とぶ船」
あの頃確かに使えた
忘れていた魔法を
取り戻させてくれるような
そんな素晴らしい一冊
魔法が使える時期は短い
大人になんか
すぐなれる
大人になるため
ではなく
子どもの今を
のびのび生きて欲しい
そう思う

あなたのポケットにも
とぶ船が入っていた時代がきっと
あるのだ

ヒルダルイス
「とぶ船」
フランソワ・バチスト氏がご紹介致しました

自然派ワインの造り手
「ジョン・シュミット」

2017年1月19日
自然派ワインの造り手 「ジョン・シュミット」

フランス南部スペインとの国境に程近いオード県に世界遺産にも指定されている要塞都市カルカッソンヌがある。フランス南部を訪れるときは必ずといっていいほどこのカルカッソンヌ名物のカスレ(豆やソーゼジ、鴨などを煮込んだもの)を食べるのがお約束になっている。そのカルカッソンヌとナルボンヌ、ペルピニャンを線で結ぶトライアングルゾーンを覆うピレネーの麓の丘陵地帯。その丘陵地帯に広く点在するコルビエールのAOC畑。そのコルビエールの地域に囲まれるように面積わずか2500haしかない小さなアペラシオン、フィトゥーがある。

ジョン・シュミットの畑とカーヴは、地図でカルカッソンヌとペルピニャンを線で結んだ、ちょうど真ん中に位置する、フィトゥーの中心地カスカステル・デ・コルビエール村にある。所有する畑の面積は5ha。フィトゥー一帯の土壌はスレート状のシストだが、ピレネー山脈に連なる断層がいくつも通っているため、断層付近は様々なクリスタルがシストに入り混じり複雑なテロワールを構成する。

気候は地中海性気候で、冬に一定の降雨があるが、夏は日ざしが強く乾燥しやすい。さらに、1年のうち平均200日はピレネーから吹き降ろす強い北風タラモンターニュが乾いた風を運ぶ影響で、夏場は特に日照りになりやすいが、ブドウの病気は繁殖しにくいというメリットがある。またさらに、山を越えるとすぐ裏が地中海のため、海から来る湿った風が極度の水不足を防ぐ役割を果たしている。

BioWine_sub1

オーナーのジョン・シュミットは学生の時にガーデニングと林業を学び、1998年、学校を卒業後すぐにプロヴァンスのリュベロン地域自然公園内の森林や果樹を管理する仕事に携わっていた。2001年、同じプロヴァンスのゴルド村でレストランを経営していた彼の父が50歳を機にレストランを閉め、マキシム・マニョンと一緒にラングドックのフィトーに移りドメーヌ「マリア・フィタ」を立ち上げる。ジョンも、その時自然公園の仕事をしながらドメーヌの立ち上げに参加し、その翌年の2002年には、自然公園の仕事を辞め正式にドメーヌのメンバーに加わる。ワインづくりの素人だったジョンは、当時ボスだったマキシム・マニョンからヴァン・ナチュールの多くを学び、知識をどんどん吸収していった。

お互いのワインに対する考えの相違から、ジョンの父とマキシムは分裂。彼の父はそのままマリア・フィタを継続し、一方のマキシムは自らのワイナリーを立ち上げマリア・フィタを去った。2005年から、マキシムの代わりに実質畑仕事から醸造まで一手に任されたジョン。2年間は全ての責任を背負って父に尽くしたが、父の目指すワインと彼の目指すワインの根本的な相違がしばしば言い合いや口論となり、2007年、ジョンはついにマリア・フィタを離れ、2003年に自らが手に入れた1haのグルナッシュの畑にのみに専念するようになる。2011年、ジョンは父が畑の作業中トラクターから転落し大けがを負ったことがきっかけで、再びマリア・フィタに戻ってくる。父からマリア・フィタの畑と醸造を管理することを条件に4haの畑を譲り受け、翌年2012年正式に自らのドメーヌを立ち上げる。

BioWine_sub2 ジョン・シュミットは現在5haの畑を一人で管理している。彼の持つブドウは主にグルナッシュ(赤、グリ、白)、リヤドネ・プル(グルナッシュの亜品種)、カリニャン、シラーで、その他マカブー、テレット、アリカントなどが少し混在している畑もある。いずれも樹齢が古く、平均が70年、カリニャンに至っては樹齢140年のそれぞれ個性の異なる7種類のセレクションマサールが今でも健全なブドウの実を生らせる。彼は30匹ほどの羊を飼っていて、冬の草刈りはトラクターを一切使わず、羊たちを放牧し行う。彼のモットーは「多様性」。単一のブドウ畑だけでは病気に対する抗体が弱まるということから、植樹は必ずセレクションマサールの混植で行い、また、かつて自然公園で働いていたころに身につけた接ぎ木の技術を生かし、畑のまわりの雑木に様々な果物の枝を接木し果樹に仕立て、植物の多様性を増やしている。

彼が影響を受けたヴィニョロンは、かつてマリア・フィタで一緒に仕事をしたマキシム・マニョン、そしてグリオットのパトリック。ジョン自身、以前リュベロン地域自然公園内で仕事をしていた時から、すでにビオロジックやビオディナミに興味を持っていたこともあり、マキシム・マニョンが持つ自然派ワインの考え方には素直に受け入れることができたとのこと。一方のグリオットのワインはパリに住む兄の勧めで初めて飲んだ時に感銘を受け、以来グリオットのようなブドウに素直なワインをつくってみたいと思うようになったという。

彼のブドウ栽培の哲学は「多様性」。健全なブドウが育つためには、単一のブドウ畑ではなく、畑のまわりに様々な木や植物など多様性のある環境が必要と説く。「多様性をはぐくむためになるべく人の手を入れない」という考えの下、トラクターは一切使わず、その代わり30匹ほどの羊を畑に放牧する。羊はブドウの木のまわりの雑草を食べ、糞が肥料となり好循環なエコロジーサイクルを生む。また、前職で行っていた植樹の経験を活かし、畑のまわりに生えている雑木に様々な果樹を接木し、鶏や動物などが集まるような環境を整えている。「例えば、私の所有するマメットの畑は、まわりが雑木に囲まれているだけでなく、カリニャンだけでも約7種類のセレクションマサール、そしてアリカントやマカブー、テレットなどが所々に混植されている。樹齢は優に140年を超えるが、いまだに健全で病気にほとんどかからないのは、この見事な多様性に支えられているからだ!」とジョンは言う。

BioWine_sub3ワインの醸造においても、その多様性により育まれた健全なブドウの力を信じ、なるべく人の手を入れないスタイルだ。彼のつくるワインは実際100%モノセパージュと言えるものはなく、何らかの他の品種が混醸されている。キュヴェの中で唯一モノセパージュといえる「マメット」も前述のように7種のカリニャンが入っている。混醸の目的は、ずばりワインに抵抗力をつけること。
これは昔のヴィニョロンたちの知恵なのだそうだ。多様性すなわち色々なセパージュを混ぜ合わせることによって酸化に強いワインができるという先人の教えを彼は醸造に取り入れている。彼曰く「ワインの歴史から見てクローンのモノセパージュでワインがつくられたのはつい最近のこと。昔はなぜ混植が多かったのか?温故知新ではないが、私は先人たちの知恵を信じたい」と。

ジョンのワインはアルコールのボリューム感と力強さがあるが、果実味の質感が滑らかでミネラルも豊富にあり、いわゆる南のワインのスタイルとは一線を画す魅力がある。生産量が少ないワインなのでお目に書かれればラッキー!その際は是非試して頂きたい!



ワイン

●VdF ペー・キャトル 2014(赤)

BioWine_sub4 グルナッシュ60%とグルナッシュの亜品種リヤドネ・プル40%が混植されている、樹齢70年を超すブドウからつくられたワイン。9月4,5日とACフィトゥーの中では最も早く収穫が行われ、酸がしっかりと活かされている!アルコール度数は11%と一般的なACフィトゥーのワインと比べれば格段に低いが、ミネラルはぎっしりと詰まっていて、ヴィエーユ・ヴィーニュの底力なるものを感じる!ほんのりクリスピーで南のワインとは思えないみずみずしさがある!


●VdF フジトゥ 2014(赤)

BioWine_sub5 ジョンの持つシラー以外のブドウが全て混ざっている、樹齢70年〜140年のブドウからつくられたワイン!ブドウの比率的には、グルナッシュとリヤドネ・プルが60%、カリニャンが20%、その他の品種が20%混合されている。醸しはミルフィーユ方式で、その都度収穫したブドウを全房のまま上に重ね合わせていくやり方を取っていて、カリニャンなど後に収穫されたブドウの抽出を柔らかく抑える工夫をしている。ジョンのスタンダードワインだけあって、とにかくワインのバランス良く、飲みごたえのある中身とエレガントな果実味を兼ね備えたワインだ!


●VdF マメット 2014(赤)

BioWine_sub6 ジョンの持つ一番古い樹齢のブドウからつくられたワイン!品種はカリニャンだが、7種類の異なるカリニャンが混植されている理想的な畑で、2014年はスズキの被害に遭ったが、厳格にブドウの選果を行い、抽出を優しく抑えた結果、エレガントでフィネスのある素晴らしいワインができあがった!洗練と野性味が混ざり合った、そうそう出会えないカリニャンだ!


●VdF アベラ 2014(赤)

BioWine_sub7 シラー60%とフジトゥのブドウ40%をブレンドし仕込まれている!ジョン曰く、かつてシラーは、この辺りの地域では、主にワインの色付けのために使用されていたので、北ローヌのような良質なシラーがほとんどなかったようだ。だが、彼の畑は、他とは違い北向きの標高300 mの高い場所にあり、ローヌのようなエレガントさ出せるのが特徴!ワインの味わいは、フィトゥーのシスト土壌らしい骨太なミネラルが骨子にあり、染み入るような果実の旨味がきれいに溶け込んでいる!ジミオのピエールにして、アベラを「ジョンにしかない唯一のアベラシオン(アペラシオン)だ!」と言わしめた逸品だ!(ちなみに、アベラは畑の区画名。ピエールのダジャレは最高!)


●VdF トロワ・ジェー 2014(赤)

BioWine_sub8 3Gは収量に恵まれた年にしかつくらない貴重なワインだ!ワイン名は、3種類のグルナッシュの頭文字を3Gで表している!樹齢70年を超すグルナッシュ、グルナッシュブラン、グルナッシュグリをほぼ均等に全房のまま醸し、3ヶ月半のロングマセラシオンを経たワインはとにかく果実味がふくよかで優しく、染み入るように滑らかな旨味が本当にたまらない!後からじわっと引き締めるキメの細かいタンニンの具合も良く、まさに珠玉のグルナッシュ・ブレンド!


新年あけましておめでとうございます。

2017年1月15日
新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年も「お米と暮らし」どうぞよろしくお願いいたします。

さて今年はいったいどんな年になるのでしょうか、農業界で一番の関心事はアメリカのTPP参加が不透明になった事でしょう。
日本では農業従事者の高齢化に伴い生産力、栽培技術の低下が進んでいます。メディアでは農協が悪役となり農業改革の必要性を訴えていますが、就農者の高齢化と若者の就農率や技術伝承と言う根本的な問題が置き去りにされています。農協の本質は農業協同体ですから地域社会の形成そのものだと思います。市場経済やグローバル経済の仕組が優先されると見えてこない側面もあるように感じます。

そんななか、政府主導により地方再生プロジェクトが盛んに行われています。人口減少に向かっている日本社会にあって労働条件の良くない農業ですが補助金事業が充実しているものの若者の就農率を下げ、さらに農地法による新規参入者への高いハードルも追い風となり、生産から流通販売まで全てを一人で賄うのは並大抵の努力では報われない構造となっています。未来を夢見て生産地へ若者が移住した場合、移住先のコミュニティーに上手く溶け込めればいいのですが、もともと築かれてきた村社会に何処の馬の骨かわからない輩が何の障害もなく溶け込めるはずがなく、受け入れる側、溶け込む側双方供にそれなりの理解がないと地方活性は難しいでしょう。

企業も農業に参入するケースが増えてきています。ただ、今のところ成功事例は少なく栽培管理や安定供給の難しさに翻弄された企業の撤退話は良く聞きます。大手小売では自家農場を携え販売商品の高付加価値を狙い卸業者が入らない中抜きの流通システムを構築している企業もあります。農家もサラリーマン化した方が安定収入を得られ生活も安定するかもしれません、ただその企業の業績が悪くなり解雇されたとき、はたして路頭に迷わずに済むのか、地域に根ざすか雇用され安定を得るかは判断が難しいところです。

ある地域では農協が地域活性に欠かせない存在になっています。営農指導員や栽培管理などを手掛け個々の農家にとって農産物の品質向上、安定栽培に大きく貢献しています。地域性があるのかもしれませんが消費地に住んでいる私たちは、暮らしを支える生産地という視点で地方農業の大切さを俯瞰する事が重要なのかもしれません。

「お米と暮らし」は、私たち消費者が安心して暮らすために「お米」がどのような位置にあり、日本人にとってなぜ必要なのか今まで以上に食や文化をクローズアップし皆様にお伝えできればと思っております。