赤ひげのとしがみさま

2016年12月27日
「赤ひげのとしがみさま」

クリスマスに素敵な本が溢れるのは当然として

モチロンお正月にだってちゃーんと素敵な本が控えています

その一つがこれ

「赤ひげのとしがみさま」
ファリードファルジャーム/ミームアザード 作
ファルシードメスガーリー 絵
さくらだまさこ/いのくまようこ 訳

舌を噛まずに言えた方には金貨を一枚

こちらイランの作家さんによる

おばあさんの淡い恋心を描いた作品

表紙の赤ひげのホリの深い無表情な紳士

こちらがとしがみさま

年に一度

春の最初の日におばあさんのお宅へやって来なさる

「このおじさんは、だれでしょう。

そうです。

としがみさまですね。」

最初の一文から中々のインパクトです

「毎年、春になると、こんなかっこうをして、まちへやってきました。」

「こんなかっこう」はコラージュで紙や布など

あちらの国のものをふんだんに使って表現されていて

あまり親しみのない中東の衣装の質感や花の色などが伝わってきます

おばあさんはとしがみさまのことが大好きで

毎年としがみさまを迎えるために朝からせっせと準備をします

日本であればしめかざりや門松

鏡餅におせち

きれいな着物

こういったとしがみさまさまを迎える習慣が

中東になるとどうなるのでしょう

まず基本は敷物です

素材は絹

銀色のフチの鏡

水タバコ(底には花びらをいれます!)

お香

Sのかしら文字のつく贈り物7つ

7種のおかし

それらを敷物の上に並べ

つむぎの服ににしきのチョッキを着たおばあさんがその上に座ります

さあ

準備完了

けれどもとしがみさまは神様

夢の中でしか逢えません

としがみさまがやってくる頃になると不思議と眠気がやって来て...

ここからのとしがみさま

赤ひげの紳士の振る舞いがなんともジェントルマンで素敵で

まずカミツレ草の花を庭から一本つんで

おばあさんの頭にそっとかざります

そしておばあさんが朝から用意したおそなえものを少しずつ頂き(半分しか食べません。半分はおばあさんに残しておいてあげるのです!)

一休みした後

街へお正月を運びに行くのです

目覚めたおばあさんは

ああ今年もとしがみさまに逢えなかった

来年こそは...

と遠い目をするのです

使われた布や紙

聞き慣れぬ品物の名前に

異国の雰囲気をたっぷりと味わえます

一人暮らしのおばあさんのくるくる変わる表情には彼女の

名女優ぶりを感じさせずにはいられません

それがとしがみさまの無表情さと対比されて尚更素敵です

2人の名役者によって展開される

隠れた名作

「赤ひげのとしがみさま」

フランソワバチスト氏がご紹介致しました

自然派ワインの造り手
「ル・トン・デ・スリーズ」

2016年12月22日
自然派ワインの造り手 「ル・トン・デ・スリーズ」

ワインはその土地を表すというが造り手の個性も表す。これほどワインと造り手の個性がリンクしたワインがあるのかと思わせる蔵がある。「ル・トン・デ・スリーズ」だ。
東ドイツ出身という異色の経歴を持つ造り手アクセル・プリュファー。自然と音楽をこよなく愛する彼は、非常に柔らかい物腰と、優しいまなざしの男。そんな彼の人柄と瓜二つなのが、彼の手がけるル トン デ スリーズのワインたち。太陽照りつける南フランスでありながら、標高の高い畑から淡くチャーミングな果実味を備えた癒し系のワインを生み出しています。このじんわりと広がる旨味とスムーズな飲み心地は、ル トン デ スリーズならではの個性なのだ。

その柔らかい人柄とゆったりとした物腰。彼のほんわかしたキャラクターは、近隣の自然派ワインの造り手たちからもとても愛されており、まだ自身の醸造所を持っていなかった2003年にはフラール ルージュのジャン=フランソワ ニックが醸造所の一部を貸してくれたり、剪定作業が遅れていた時にはル カゾ デ マイヨールのアラン カステックスやヨヨ、ドメーヌ スカラベのイザベル フレールらが手伝いに来てくれたりしたこともあります。また映画や音楽が大好きで、彼が手がけるワインの名前は、様々な映画や音楽の一節から引用されていたりもします。

経済大学に2年ほど通っていましたが、自分の望む本来の生き方とは違うのではないかと疑問を抱くようになり、バーなどで働きはじめます。その後、兵役に就くのを嫌ってキャンピングカーに乗り込み、安住の地を求めて放浪します。そして行き着いたのがフランス ラングドック地方。この地で彼は、ヤン ロエル、ジャン=フランソワ ニック、エリック ピュフェリン(ラングロール)と出会い、彼らからワイン造りの手法とそれにかける情熱を学び、自らもヴィニュロン(ブドウ・ワイン生産者)となりました。

ル トン ド スリーズのワインを産する畑は、南フランス ラングドック地方のベダリューという街からすこし山を登った森の中にあります。ラングドック地方といえば、果実味の凝縮した力強いタイプのワインが一般的に造られるエリアですが、ル トン ド スリーズの畑の多くは標高の高い山間にあり、比較的涼しい気候と乾燥した風によってみずみずしさと清涼感のある味わいを備えたワインとなります。畑でのブドウ栽培においては、除草剤や殺虫剤、化学肥料を用いない自然な栽培を行い、醸造に関しては自然酵母による発酵にはじまり人為的な介入を避けたシンプルな方法で醸造を行っています。

BioWine_sub3そのシンプルな手法で造られた彼のワインを口にすると、淡く優しい果実味とスムーズな飲み心地があり、「これは本当に南フランスのワインなのだろうか」と思えるほどチャーミングな魅力に溢れています。アクセル プリュファー自身の素朴でほがらかな人柄がピュアにあらわれた、癒しを感じさせてくれるワインとなっています。



ワイン

BioWine_sub4 ●アン パ ド コテ2015
「一歩、横に」という結婚式の際にも使われる言葉で、忠誠を意味する。人が為すことを一歩離れ、客観的に見つめ直すというアクセルの冷静な想いが込められた名前のワイン。トップキュヴェであるランドマン キ シャントゥの区画のブドウを含むグルナッシュ100%で造られています。香水を思わせるような鮮やかで妖艶な香りに濃密な赤系果実の香りが加わり、期待感たっぷりのアロマ。味わいからは、しっかりとした骨格と密度の高い、果実の旨味があり、余韻にはローストの浅い、フルーティーなコーヒーのようなエキゾチックなニュアンスも感じられます。現時点でもフォーカスのしっかり定まったバランスの良い味わいではありますが、ぎっちりと芯に詰まった果実のニュアンスからは、今後どんどんと進化していきそうな途方も無いポテンシャルの高さが感じられます。
グルナッシュ 100%


BioWine_sub5 ●フ デュ ロワ2015
フ デュ ロワは、中世に王に仕え、世の中で起こっている事を進言する側近の意味。淡い色調と鮮やかな赤い果実の香り、じんわり広がる滋味深い旨味が特徴で、2014年と同傾向のスタイルですが、緩さのあった2014年と比較すると芯にある果実味がしっかり詰まっていて、淡く、柔らかい味わいにも関わらず骨格を感じるポテンシャルがあります。余韻にはどこか野生のハーブを思わせるいきいきとした風味があり、非常に高い完成度です!
グルナッシュ、カリニャン、サンソー


BioWine_sub6 ●ラ プール ド ルージュ2015
「赤が怖い」と名付けられな白ワイン、ラ プール ド ルージュは、今年は使用される品種が変わりまして、シャルドネ、クレレット、テレブレが用いられています。小さな白い野花を思わせるような可憐でほんのり蜜のニュアンスを感じさせてくれる香りがあり、味わいには、香ばしさとコク、ほんのりハーブを思わせる苦味があり、余韻にチャーミングな果実味がふわりと広がります。シンプルなようでいて奥ゆかしさもあり、和美人のような趣ある美味しさ。
シャルドネ、クレレット、テレブレ

ヌカ床の話

2016年12月15日

ヌカ床の話

熟成された糠床に旬の野菜を漬け込む、栄養価も高く体に美味しい発酵食品。
今の季節ですと大根やカブが美味しく漬かるでしょう。沢庵も乾燥させた大根を糠に漬けて作りますから糠漬けになるのでしょうかね、とにかくバランスの良いヌカ漬けは日本人が生んだ知恵の発酵食品です。

その前に"糠(ヌカ)"って、そもそも何から出来ているのかご存知ですか。ほとんどの方はご存知だと思いますが、鮮度がある事はあまり知られていないようです。

玄米を削って出た粉ですから精米した瞬間から酸化が進みます、油分も含んでいますから分解も早く1週間以内に使い切ることが大切です。よってスーパーマーケットで手に入れることはなかなか難しいでしょう。

ヌカ漬けを美味しく漬ける秘訣は精米したての新鮮な生ヌカを使う事です。もし使い切れない場合は煎ると日持ちします。煎りヌカは香ばしくて香りが良くなりますが、酵素が熱によって破壊されるので栄養素が野菜に還元されなくなります。ヌカ漬けの栄養価を高めるのには酵素が必須だと言われています、ただこの辺は使い分けるといいかもしれません。

ヌカの栄養分、ビタミンやミネラルが漬けた野菜にしみ込み乳酸醗酵しているので乳酸菌までも一緒に摂取できる。日本人が発明したリサイクル発酵食品です。

なぜリサイクルかというと、ヌカは玄米を精米した時に皮が削れて粉となって出ます。
白米と同時にヌカも出来るということですが、人の体に有効な様々な物質が詰まっている部分が胚芽と表皮になります。白米は炭水化物、ぬか漬けはビタミン、ミネラル、塩分、乳酸菌が摂取できるのでバランスがよく体調維持につながります。

ちなみに江戸時代の話ですが、腹を下した時、糠床をお湯に溶いて呑んで調整剤として使っていたそうですよ、糠の微生物が腸のバランスを整えてくれたのでしょうね。

余談ですが、もち米のヌカではヌカ漬けが出来ないからないそうです。

気温が下がり雑菌の繁殖が抑えられるこの時期マイ糠床を持っていない方はチャレンジしてみてはいかがでしょう?