ツバメ号とアマゾン号

2016年6月28日
「ツバメ号とアマゾン号」

「ツバメ号とアマゾン号」
アーサーランサム
岩田欣三、神宮輝夫訳
岩波書店

地図が描いてある本は
大体面白い
過去の読書の経験から導き出された
一つの法則
エルマーしかり
ゲド戦記しかり(原作は最高に面白いのです)
たのしい川べ
トンカチと花将軍
みんなみんな表紙を開くとその裏に
吸い込まれるような地図が描かれていて
海にはくねくねした竜がいたり
怪しい名前のついた森や
火を噴く山
そして端っこのほうに
時代を匂わせる方位磁針が描かれている
まだ旅していない段階ながら
読者は皆このページを見ながら
これから始まる冒険に胸を躍らせるだ

「ツバメ号とアマゾン号」
アーサーランサムによる全12巻のこの大冒険にも勿論
ちゃーんと地図がついている
出会いは2年前
絵本の古本屋を吉祥寺にひらくにあたって
自分のお気に入りのお店に
お勧めの絵本を訊いてみよう
そう思い立って
ノートを片手にクセのある吉祥寺のお店を訪ねたのだ
大正通りの花屋4匹のねこさんのお勧め
田島征三さんの「猫は生きている」
をメモしながら
次に訪ねたのが姉妹で経営されているイルカフェ
そこでお勧めされたのがこの
アーサーランサム全集の中の一冊
「海へ出るつもりじゃなかった」
およそ図書室にある本は全て読破したつもりでいたが
この全12巻というボリュームに怯んで触れずに大人になってしまったシリーズ
早速本屋で購入し
読んでみたのだった

舞台はイギリス
夏休みを湖畔で過ごす一家の物語
湖には小さな無人島があり
ウォーカー家の4人の兄弟は数日間をその無人島にテントをはり
自分たちだけで過ごすのだ
(なんて羨ましい)
楽しい魚釣り
自分たちのヨットツバメ号で走り回る湖
アマゾン号との対決
どろぼう退治
そして嵐
子どもたちだけの大冒険
それを対岸で見守る母親
(この母親の子どもたちへの関わり方信頼の仕方、手の差し伸べ方が最高にかっこよい)
そして物語の軸となるこの家族の方針をあらわすのがこれ
彼らの冒険を許可するという意味の
父親からの電報の1文
「オボレロノロマハノロマデナケレバオボレナイ」
冒険物語として読むもよし
成長物語として読むもよし
教育とは
成長とは
休暇とは
考えるもよし
子どもの目線は勿論
大人の目線からも
夏休みの過ごし方として最高のお手本になるはず

読まずに大人になったことを後悔した一冊
今読んでも勿論面白いが
あのとき
あの当時の自分が読んでいたら
どれだワクワクしたか
残念でしかたない一冊
アーサーランサム
「ツバメ号とアマゾン号」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

自然派ワインの造り手
「ドメーヌ・ナカジマ」

2016年6月22日
自然派ワインの造り手 「ドメーヌ・ナカジマ」

北陸新幹線「上田駅」から車で20分ほど行くと穏やかな丘陵地が広がる長野県東御市。その中でも急な斜面に雑草が程よく茂っているブドウ木が植わっているのがドメーヌ・ナカジマの畑。トラクターなどの機械は使えないほどの急斜面。収穫時の大変さや肥料も簡単に流されてしまうのが容易に想像がつく。しかし日照量の多い南向きの斜面や降雨量が少なく寒暖の差が激しくブドウ栽培には適した利点も。ここ東御市は2008年に全国に先駆けてワイン特区を取得。通常の免許取得に必要な醸造量の3分の1(2000ℓ)で免許が取得できるようになり、小規模ワイナリーの開設を後押ししている。これを利用して東御市で4軒目のワイナリーとなったのがドメーヌ・ナカジマだ。

BioWine_sub1

オーナーの中島豊さんは東京都羽村市出身。システムエンジニアだったサラリーマン時代に趣味で通っていた本格的フランス料理の学校コルドン・ブルーに通い、自分で作った料理に合わせるワインを購入しているうちにワインに興味をもちその奥深さに魅了される。
ワイン学校に通いワインエキスパートの資格も取得。そして海外のワイン産地を巡る旅にもでた。フランスのあるブドウ畑にいた際に「こんなに気持ちの良い畑で仕事出来たら!」と思いワイナリー経営を目指す決意をした。

BioWine_sub22009年に移住し就農給付金制度を使い、地元農家で栽培の研修を積みながら近所で畑を探した。通りがかりのおじいさんやおばあちゃんに声をかけてブドウ畑を探したりもしたそう。2010年からワイン用ブドウの栽培を開始。この年にフランスロワールでナチュラルなワイン造りをしていた新井順子さんがオーナーのボワ・ルカに研修に渡欧。その他ドイツのフーバー醸造所、栃木県のココ・ファーム等の野生酵母で醸造するワイン蔵で勉強。
2013年には初めての収穫をしその葡萄は近くのワイナリーで委託醸造してもらいワインが完成。2014年には自宅兼醸造所も建ち、東京からお母さまや弟さんも移住し家族で手作りワインを造る。「少量でも畑の個性が反映された個性あるワインを造っていきたいと。」

現在は近所の農家さんが造ってくれた巨峰を分けてもらい辛口のスパークリングワイン「ペティアン・ナチュール・ロゼ」が量的にいちばん供給できやすい銘柄。巨峰のフルーティーな香りながら辛口でキレのよい発泡性ワインで当店でもファンが多い。 その他赤ワイン用はカベルネ・フラン種やメルロー種、白ワイン用はシュナン・ブランを栽培・醸造。いづれのワインも中島さんの誠実で穏やかな人柄を反映したような優しいけど芯のある味わい。ピュアで体に染渡るような感覚で癒されるワイン。


BioWine_sub3 葡萄栽培に殺虫剤は使わず、枝に着いた虫は一匹ずつ手で取り除き、殺菌剤は石灰硫黄合剤と薄めのボルドー液のみ。訪問した際は蝶々がたくさん飛び回っていた。こんなに蝶々が飛んでくる畑は初めて。そして虫もたくさん見つけた。以前はブドウ畑に野鳥が巣を造ってしまった事もあるそう。虫や野鳥が住み易いほど環境よく安全な畑の証だ。

醸造は小さいからこそ出来るやり方。葡萄の実を茎からはずす除梗という作業も丸い穴をあけた板の上に葡萄房を転がし穴に落ちた実を集めるという方法やブドウを潰す作業も桶の上にビニールを敷きその上から人が足踏みをして潰す。潰す度合いにより軽いお母さまや重い弟さん、中間の中島さんの出番が変わるのだとか。


BioWine_sub4 現在のところ自社畑は1.5ha。葡萄樹が成長すれば5000本程のワインを造ることができる予定。「母と弟が移住して手伝ってくれるようになったので、家族分食べていけるだけの畑を増やさないと」と、少しだけ畑を増やす予定。現在は弟さんも長野から東京のワインスクールへ通いワインの勉強中だとか。

葡萄の樹齢が高くなるにつれ間違いなく品質向上が楽しみなワイナリーだ!


BioWine_sub5 ●ペティアン・ナチュール・ロゼ
巨峰から造られる発泡性ロゼワイン。
巨峰のフルーティーな香りながら味わいはドライで食虫酒としても!酸もキレもあり天ぷらなんかとも美味しく楽しめる!


BioWine_sub6 ●シュナン・ブラン
ドライだけれども完熟ブドウを思わせる甘やかで蜜を思わせる香り。穏やかだが芯があり飲み飽きしない。


BioWine_sub7 ●メルロー
一般的なメルローとしては明るい色調。赤い果実の風味でエレガントな赤ワイン。


BioWine_sub8 ●カベルネ フラン
熟した果実の甘さを感じる香り。口当たりが柔らかくスムース。穏やかで優しいがしっかりした料理にも!


風が吹けば桶屋が儲かる

2016年6月15日
風が吹けば桶屋が儲かる

ジメジメした梅雨の空、心も晴れやかになりませんね。ただ植物にとっては大事な季節。気温が高く湿度が高い日本の梅雨は植物の成長を促す絶好の気候。よって日本は世界の中で一番植物の種類が多く恵まれた環境だそうです。そう考えると梅雨は日本人にとって大切な季節になりますね。

さて、雨ではありませんが「風が吹くと桶屋が儲かる」ということわざがあります。一見全く関係ないと思われる両者には共通点があるといった事例。私自身その理由をあまりよく知らないので改めて調べてみました。するとかなり複雑な構造ではありませんか、簡単にまとめてみますと、風が吹く→砂埃が舞う→目を傷める→失明→音曲で生計を立てるため三味線を習う→三味線に使う猫の皮の需要が増える→猫が減ればネズミが増える→ネズミが桶をかじる→桶屋が儲かる。若干、現実離れしている仮説ですが関連性の大切さを学べます。

関連性で遠い存在といえば携帯とゴリラがありますね。経済発展に欠かせないモバイル通信端末、ただその発展には環境破壊が付きまとうという事例です。スマホや携帯電話に必要なレアメタル、豊富に眠っているコンゴという国、採掘するには森林を伐採、そこには絶滅危惧種のゴリラが生息しています。ジェームスキャメロン監督のアバターとい映画がありましたが、現実に起こっている搾取話がリンクします。詳しくはケータイゴリラという啓蒙活動団体のウェブサイトを貼り付けておきますので是非検索ください。
http://keitai-gorilla.aseed.org/about/index.html

では梅雨の雨から関連性を連想してみますと、雨が降る→山に染み込む→森がろ過→山の養分を河川へ流す→海にたどり着く→海藻類の栄誉となる→プランクトンが繁殖→それをえさに小魚が増える→小魚を求め大きな魚が増える→魚場が潤う。「健康な森は魚を育てる」という感じでしょう。実は魚介類の種類も日本近海が世界で一番多く生息しているそうですよ。

しかし森のろ過機能でも化学肥料や農薬は分解されずに浸透し流れていきます。水田だけではありませんが畑の化学肥料や農薬も海に流れ着きます。海なら影響が拡散されるので実感としてはわかり辛いのですが、琵琶湖や霞ヶ浦のような湖は汚染が進めば深刻な環境破壊につながります。現在では農薬汚染の影響はだいぶ緩和され水質も良くなってきていると聞いていますが、工業排水や下水の問題、外来魚の繁殖も合わせてまだまだ環境改善対策は必要みたいですね。自然環境に感謝し梅雨空に秋の収穫を連想しつつ、しっかり雨が降ることを願うばかりです。