こんにちはトラクター・マクスくん

2016年4月25日
「こんにちはトラクター・マクスくん」

絵本を英語で言うと
何でしょうか?

 

children's book?
picture book?

それとも
art bookでしょうか?

僕が思うのは
picture book
もしくはart book
勿論
世の中の絵本のほとんどは
子どものために作られています

ではそれはイコール
子どもっぽいものでしょうか

もしそうお思いなら
是非この本と出会っていただきたいと思います

「こんにちはトラクター・マクスくん」
ビネッテシュレーダー 作
矢川澄子 訳
岩波書店

独特の色彩感覚と構図で
決して時代に流されることのない
静かで美しく
それでいて力強い絵を描く
ドイツの作家
ビネッテ・シュレーダーさん

ストーリーは
農夫のおじいさんと
同じく年老いた馬のフロリアン
そのもとに新たにやってきた赤いトラクター
マクスのお話

まず開くと
タイトルの上に
夜道を進む赤いトラクターが描かれています
おそらくこれから農夫の元へ向かうのでしょう
地面をついばむ小鳥が3羽
描かれています
ということは朝方なのかもしれません
積荷の丸太の後ろには
衝突防止の目印の赤い三角の旗が付けられています
一枚の絵の中に
これから始まる物語への予感が詰まっています
子どもは字が読めません
だから
絵を読むのです
鳥がいるね
何を食べているんだろう
!赤い旗があるね
なんでだろう
‼︎トラクターのヘッドライトがついてるね
どこへ行くんだろうね
どこから来たんだろうね
オトナにとってはストーリーはまだ始まっていないかもしれませんが
子どもにはもう物語は始まっていて
それはオトナが望むような
納得のいく起承転結ではなく
一枚の絵で語られるデキゴトなのです

オトナは
「絵を読む」という才能を
コトバを読むという能力と引き換えに
忘れてしまうのかもしれません
それは
旅先で初めて見る景色
初めて通る道でのワクワク
行きは長く感じるのに
帰りは短く感じるあの不思議な時間の伸び縮み
我々は
もう帰り道を歩いてしまっているのかもしれません
殆どのものが
知っているもの
見たことのあるものになってしまっているのかもしれません

でも
ふと立ち止まって
シュレーダーのような優れた絵本作家の作品と向き合い
先を急がず
ストーリーに急かされず
ゆっくりと一枚の絵と向き合ってみたときに
もしかしたら
朝起きてから夜寝るまでが
物凄く驚きや発見で満ち満ちていた
あの長かった1日を
取り戻せるのかもしれません

絵に込められた様々な工夫
選び抜かれたコトバ
それらとの出会いは
きっと
children's book
では収まりきらない
art bookとしての絵本の発見に
つながると思います

ビネッテシュレーダー
「こんにちはトラクターマクスくん」
全部読み終えた後
パタンと閉じた
そのとき
表紙をもう一度目にするでしょう
きっとその瞬間
フルコースの料理の後の一杯のコーヒーを飲んだかのように
あなたはこの本に満足し
満たされた気持ちになるでしょう

フランソワ・バチスト氏がご紹介しました

自然派ワインの造り手
「ルイ・ジュリアン」

2016年4月20日
自然派ワインの造り手 「ルイ・ジュリアン」

これぞ自然派ワインのキング・オブ・テーブルワイン!と称したいワインがルイ・ジュリアンだ!いかにも安そうな1リットル瓶にキャップはプラスチック栓。最近は新品の瓶らしい綺麗な瓶が多いが以前はリサイクルされているのが一目で分かるほど瓶にキズが入ったものも多く安くて美味しければ外見は関係ないと言っているかのよう。
日本にも輸入もされているが彼のワインは殆どが地元で消費されているそうで、訪問すると一時間のうちに何人も5Lほどのポリタンクを持ってきて好みのワインを自ら詰めて帰る光景があるらしい。まるでセルフのガソリンスタンドのように・・。

BioWine_sub1 ラベルは再生紙。セラーでの販売は17〜19時のわずか2時間。大半が100Lほど購入する顧客。私の知っている自然派ワインの生産者も何人かがルイ・ジュリアンのワインを自らの晩酌ワインとしてパレットごとに仕入れて村人たちと分けていると聞いた事がある。自然派愛好家にとってはありがたい価格と味わいなのだ。


栽培はビオディナミ農法。畑は2ヶ所に分かれており,合計で24haを所有。土壌構成はマルヌーブルー(青色の石灰でとても硬質)と粘土石灰質。樹齢は平均で30〜40年で,最も古いカリニャンは最低でも70年。収穫はすべて手摘み。

BioWine_sub2 醸造は一部を除梗した後にタンクで野生酵母による発酵。発酵中の温度コントロールは行わない。発酵終了後に軽く圧搾した後、ホーローのタンクで3〜4ヶ月の熟成。亜硫酸の添加はなし。清澄、ろ過のどちらも行わない。
ブドウは混植されており、グルナッシュ、シラー、メルロ、カベルネソーヴィニヨン、カリニャン、アラモン、オーバン、クレレット、ユニブラン、ヴィラブランなどに加えて、独自に交配した品種も多数植えられている。


BioWine_sub3 ワインは赤2種と白、ロゼを生産しているが白とロゼは生産量が少ない。赤は12%程のものと10.5%程度のものを2種を生産。

〇赤の12%版はメルロー主体、シラー、アラモン、グルナッシュ他10種以上のブレンド
他のワインに比べれば圧倒的にスイスイと飲み易いワイン。フレッシュで果実風味がたっぷり。熟した果実のニュアンスを十分と感じるが決して重くなく体に負担なく飲めるのでいつの間にか1L飲んでしまいそう。


〇赤の10.5%版はアラモン、サンソー、カリニャン等。軽快でタンニンもあまり感じないほどにゴクゴク飲める!ワイングラスよりはコップが似合う。料理も特に選ばず何気ない日常の食卓ワインとしては最高のナチュラルワイン!

〇白はユニブラン、パロミノ、クララン(ユニ・ブラン ✕ クレレット)、ヴェルメンティーノ、フォリニャンユニブラン100%。南国系の熟したフルールや白っぽい花のような華やかな香り。柑橘系の香りもあり爽やかさも。後味に仄かな苦みを感じ、心地よい余韻となる。

BioWine_sub4 〇ロゼはアラモン50%、グルナッシュとシラー各25%。透明感のあるサーモンピンクでキャンディやイチゴのような甘い香りが魅力的!焼鳥や豚シャブなどの日本の食卓の料理にもバッチリのテーブルワイン!


2015年の作柄状況を聞くと・・。
2015年は冬から春先までは例年並みの天候で雨もほどよく降りました。5月から10月までほぼ毎日快晴で、特に6月から8月の3ヶ月は朝22度、日中36度の気温が連日のように続き、収穫時期になってさすがに心配になりましたが、ブドウを食べて「このブドウで良いワインができないはずがないと確信した。生涯忘れられないヴィンテージになると思う。」と述べています。

玄米ヨーグルトを検証

2016年4月15日
玄米ヨーグルトを検証

いまネットで流行っているのでしょうか玄米醗酵ヨーグルト。昨年あたりからちらほら問い合わせがあり対応しております。どんなものかというと、まずヨーグルトに生の玄米を入れ醗酵させる至って簡単な健康法らしいです。ただヨーグルトに生の玄米を入れて醗酵するのかが疑問ですし、それならぬか漬けを普通に食べた方がいいのでは、と個人的に思うのですが問い合わせが多いこともあり少し検証してみたいと思います。

まず、ヨーグルトは乳糖をガラクトースとグルコースという単糖へ分解した乳製品です。牛乳を飲んで下痢をする人はこの乳糖を分解する酵素を持ち合わせていなく乳糖不耐性を起こすことが分かっています。よってヨーグルトの糖は簡単に消化吸収する事ができます。
ではヨーグルト菌はどうでしょう、実は腸内環境を菌が整のえるのはイメージで腸内には腸内固有の細菌が住み着いているためにヨーグルト菌は腸内に到達すると死滅するそうです。よって他の要因が考えられると詳しい検証内容が光岡知足著書「腸内細菌の話」を読むとよく分かりますよ。

お酒や味噌、醤油には蒸した白米のでん粉を菌に分解させ麹を造ります。生のままですと分解しません。もし生米が分解できるのであれば、お米を蒸す手間は必要なくなります。さらに言えば炭水化物が消化されないまま大腸に到達すると下痢を起こします。もし玄米(種)が簡単に自然界で分解(発酵)されてしまったら芽が出る事もなく生育が望めないという生物学的見地からも疑問が生まれます。

顕微鏡を発明したレーベンフックや細菌の存在を発見したパスツールよりもっと前から味噌や醤油、酒といった発酵食品を日本人は常食していたのですから、微生物との付き合いは西洋文化より年季が入っています。 醗酵は人間が微生物の恩恵を受ける事を言いますが、腐敗も自然界の中では同じ分解。もし体に気を使って健康的な生活を送りたいなら日本人が古くから培ってきた伝統的な醗酵食品、まさに乳酸醗酵のヌカ漬けを食べる方が民族学的な体質に合った自然の摂理だと思います。

食事は流行やファッションではなく体を整える大切な行為ですから特定の物質に執着したり安易な情報に流されると帰って体のバランスが崩れ不調の原因に繋がります。情報に左右されない事が健康でいられる秘訣のように思います。