自然派ワインの造り手
フランソワ・エコ

2015年6月25日
自然派ワインの造り手 「フランソワ・エコ」

フランソワ・エコという男

1965年生まれ。1989年に、バラタンで自然派ワインと出会った。
それまではパソコンのパーツを売る仕事でワイン造りを夢見て、その後ボーヌの醸造学校で勉強しながら、ペイラの前身のワインを個人で売り歩いていた。

ブルゴーニュ地方オーセロワ地区(シャブリの西)にて2000年植樹と、同時に輸出業をスタート。
フランスからアメリカに大物自然派ワイン輸出する傍ら、ラングロールや自然派ワインの巨匠と言われる人物を含め80蔵の造り方を見続けてきた。

自然、ナチュラル、環境・・・が地球規模で叫ばれる今、フランソワ・エコは、
『自然派ワインのトップランナーの全てを知り抜いている、唯一の貴重な男だ。』
なぜか? エコ氏は、自然派トップ達をアメリカに紹介する仕事をしていた。
ラングロール、フィリップ・パカレといった巨人中の巨人が、どう考え、どう造り、どう生きてきたか?
つぶさに見てきたのだ。その世界観は、他の追随を許さない。

『全ての自然派巨人と深く通じながら、表に全く出なかった人物。』
それがフランソワ・エコだ。
これだけでも、エコ氏から、自然派の世界観を深く聞いてみたいというもの。

さらに震えるほど興味ある事実が明らかになった。
エコ氏が、そのマフィア的ともいえる凄い人脈で知り得た「隠れた究極の畑のブドウ」で、「トップたちのワイン造りの急所」を使いまくり、ワインを造っていたとしたら・・・

「彼は、やっていいことと、してはならないことを、知り尽くしている!とは自然派ワイン開拓のスペシャリスト伊藤興志男。

口に含んだ瞬間、衝撃が走るエコ氏のワイン。あのラングロールのエリックですら・・・。
私がエリック宅に持って行ったエコ氏のワインを口にした瞬間の驚いた顔を、鮮明に覚えている。(輸入元:BMOボス)

人もワインも自然でありたいとの思いから、すべてのワインが完全にSO2ゼロ。
マニアックに「香りは・・・」と、いちいち難しく飲むのではなく、体で飲んで欲しいとの想い。


ワイン

●ヴァニテ 白

wine2.jpgブルゴーニュの石灰土壌のブーズロン村のシャルドネをオーヴェルニュのエコの自宅まで運んで仕込んだもの。 普通のブルゴーニュ生産者は、小樽を使っての発酵・熟成させるが、エコは横型のフードルを使って発酵、そのままシュール・リーで15か月間熟成。これは、アルザス流の白ワインの醸造スタイル。
恐るべきキメ細やかなミネラルの薫香、ミルキーなヴェールに途方もない透明感の果実が隠されている。ほのかに樽の香ばしさが静かに残り、限界まで磨き尽くした大吟醸のようなアフター。
昆布ダシ系の旨味と潮っぽさがずばり和食にもドンピシャ!


●ヴァンクーラン 白

wine2.jpg2013年はオーセールのブドウを使用。500L小樽にて8か月熟成。
濃密な香り、キャラメルのような凝縮感。口の中に一瞬で広がる果実の旨みのポテンシャル。いったいどこまで開き続けるのだろう?
アリゴテというより、ブルゴーニュが隠れて持つ凄さを見た!


●メルキュレイ プルミエ・クリュ 赤

wine2.jpg泥灰石灰質土壌、トロンコニック型の木樽、グラップ・アンティエ(除梗なし)、セミ・マセラシオン・カルボニック発酵フードル型の木樽で熟成。
鮮やかさを帯びたルビーレッド、スミレ、シナモン、完熟した葡萄のピュアな香り。エレガントさの裏にメルキュレイらしからぬゾクゾクするような色気が漂う。ほのかに鉄っぽいタンニンがありながら、熟成を待たずともサラッと舌で溶ける旨みがある。
ブルゴーニュのナチュールな畑を知り抜くエコが、完璧に選んだピノが見せるワールド。


我慢しなくていいパスタ 人気急上昇の大豆食品

2015年6月18日
我慢しなくていいパスタ 人気急上昇の大豆食品

会場は早々と盛り上がっているのに、片隅にうずくまって携帯を握りしめ、パソコンをにらんでいる男がいた。少々取り乱しているようにも見えた。声をかけるのもためらわれた。この夜は、大豆のパスタ「soico」を中心とした有料試食会のパーティだ。ワイン、ビール、料理の小皿、そして

» 記事の続きはこちら
我慢しなくていいパスタ 人気急上昇の大豆食品

記事提供:社団法人東京都トラック協会

和算

2015年6月15日
和算

和算(ワサン)って聞いたことありますか?
マッサンじゃないですよ、ワサンです。日本独自に発達した数学、代表的なものだと「鶴亀算」の足が何本か?とかの連立方程式が有名みたいです。
ネットで調べてみると江戸時代が境目となり更なる発展を遂げたと多く書かれています。

で、お米と暮らしに何の関係があるの?そう思われあなた!実は大いに関係があるのです。
日本特有の自然環境を稲作に適合するように山、川、平野を縄文人が作ってきたと著書「日本の米」を読むと詳細に書かれています。水田を見る意識が変ってきますよ。

豊臣秀吉の太閤検地、社会科の歴史で勉強したと思いますが覚えていますか?
農地の面積を把握して生産量を割り出し見込石高が測れるようになったこと。そして伊能忠敬の大日本沿海輿地全図、正確な測量で詳細な日本地図が完成したこと。これらは数学的知識がないと不可能ですよね。

現在でも一反や一町歩と言った当時使っていた単位が農業で普通に使われています。条里制と言われる水田区画整理でも坪とう単位が使われ、現在の土地の単位として残っています。一合、一升なんかは実生活でも現役ですよね。この考え方は水田を作るときに必要な単位で、大地と水を管理し効率のよい石高を上げるには緻密な水田レイアウトに必要な和算が基礎となっていると考えられています。

そして水が上手く水田に流れ込まなければ田んぼを作っても意味がありません。緻密な灌漑施設(農業用水路)は自然と向き合う知識や経験を数値化し具現化する能力がないと出来ない証ですよね。水を必要とする時に役立つのが人工池、溜池です。これも土木技術の基礎を造ったそうで、古墳はこの技術の応用だそうです。当時の日本人の土木技術の高さが伺えます。

水平な水田は均一な品質のお米を育みます。水も高い場所から低い名所へ流れ込む性質があるので勾配を考慮して水田をレイアウトしないと生産効率が落ちます。和算と日本人との関係は高い技術力や協調性なんかにも表れていると思うと国民気質を感じますね。その影に「稲作」があったことを日本人であれば知っていなければならない大切な事だと感じます。