自然派ワインの造り手
パスカル・シモニュッティ

2015年5月26日
パスカル・シモニュッティ

自然が大好き!だからワインを選んだ! ワインは中身。AOCじゃない!VDTにかける男!

~ 人柄 ~
「ワインの基本的な味は自然の力で造られると言っていい。自然を身近で感じる手段として、ぶどう栽培はとても面白い。」よれよれのTシャツ姿でパスカル・シモニュッティ氏はワイン作りをするようになった理由をそう答える。
彼は、がっちりした躯体のどこかに自然体の雰囲気を漂わせる。料理とワインが大好きで、一度は料理の世界を選んだ。しかし田舎育ちの彼にとっては朝から晩まで調理場で働く毎日が息苦しく、太陽の日差しを浴びて自然を感じながら伸び伸びと体を動かす仕事がしたいと思うようになりワイン屋に転身し、この蔵を立ち上げた。
トゥールの近くにある地元の農業学校でぶどう栽培の基本を学んだ後、ロワールの自然派ワインの重鎮たちにアドヴァイスを受けるうちにアルザスのブルーノ・シュレールに出会って彼の目指すスタイルが決まった。

シュレール譲りのヴァン・ド・ターブルVDT(VDF)。そう!テーブルワイン!! シモニュッティ氏は、ブルーノ・シュレールが実践する「自然の力、テロワールの底力をとことん引き出すぶどう栽培」に一気に惹きこまれてしまった。ワインはとにかく味わい豊かなぶどうを育てること、あとはその旨みを最大限に引き出すことが欠かせないと訴える。ブルーノに惹かれたのは彼ら二人に共通する性格かもしれない。それは「アペラシオン」(原産地呼称制度)への無頓着さだ。シュレール氏が試飲検査で格下げされるのをそばで見てきたからか、シモニュッティ氏は「AOC試飲検査」には一切申告しない。そのため全アイテムが「ヴァン・ド・ターブル」(現在はヴァン・ド・フランス)である。そのせいか香りにそこはかとなくシュレールのようなみずみずしいピュアな部分を感じる。

パスカル・シモニュッティ 「ワインは中身なんだ!ヴァン・ド・ターブルのほうが気軽に飲めるのでは・・・」と意に介さない。「アペラシオン取得」にまったく興味がないというか、レッテルについてまったく迷いがない。毎年違う作柄を生かすように造れば当然ワインは違うものができるわけで、しなやかでエレガントな年もあれば、肉付きのいい年などそれぞれ違って当然。「これがベストだ」と信じるワインを目指して周りの目を気にすることもなく、型にはまらない「自由なワイン」「自然を表現するワイン」を造る。それはとてもなめらかでタッチが優しい。肩に力が入らないきれいなバランスのワインゆえ、また飲みたくなる「自然派の雰囲気」を醸している。ラベルは知人にか描いてもらったもので、「ぶどうがそのまま詰まった液体」。ワインによって緑や赤に色使いが異なるだけのストレートでオリジナルなデザイン。
「VIN DE FRANCE」と大きく書かれている他は必要最低限の内容が表示されただけ。ワインのように余分なものがそぎ落とされてピュアなラベルは印象に残る。


パスカル・シモニュッティ そしてもう一つ、セックス・ピストルズのアルバム「勝手にしやがれ」のパロディー。
パスカルはパンク・ロックの熱狂的ファンで、中でもセックス・ピストルズが大のお気に入り。彼らの唯一のオリジナル・アルバム「Never Mind the Bollox」(邦題「勝手にしやがれ」)を仏訳すると、「On s'en bas les couilles」となり、これがワイン名になっている。


パスカル・シモニュッティ ~ 畑 ~
畑仕事は人には任せられない「ビオロジック」
ワイン造りを始めたばかりで、4.2Haの区画は今のところ「賃貸」畑。穏やかな気候と、砂が多く水はけがよいこの辺りの土地は、ぶどう栽培に向いているのだ。また土壌には「シレックス=火打石」などが混ざってそれがワインにアクセントを加えてくれている。
栽培は「ビオロジック」に一部「ビオディナミ」を取り入れた農業を行い、手間と時間がかかっても除草剤などを使わないようにしている。「これじゃないと野生酵母は宿らないし、熟成方法も変わる」のだ。もうひとつの特徴は「セレクション・マサル」の株を使う点。ガメイは樹齢の古い株を切って接木したタイプで根の張りが深い。


パスカル・シモニュッティ ~ 醸造 ~
蔵のポイント
「ガメイやピノ・ノワールはしなやかな品種。マセラシオンを強くさせると良さが台無し。大自然の恵みとなる作柄にあった醸造をしている。」


モノは真実を語るか? 【大英博物館展】

2015年5月22日
モノは真実を語るか? 【大英博物館展】

イギリスはいま沸いている。まず、ウイリアム王子とキャサリン妃の第2子の誕生だ。女の子で、シャーロット・エリザベス・ダイアナと名付けられた。シャーロットはチャールズの女性形、祖父のチャールズ皇太子の名前から、エリザベスは曾祖母の現エリザベス女王から、

» 記事の続きはこちら
モノは真実を語るか? 【大英博物館展】

記事提供:社団法人東京都トラック協会

ゴールデンウィークは田植えの好期

2015年5月15日
ゴールデンウィークは田植えの好期

「美味しいお米」とよく言いますが「究極のお米」とはあまり言わないですよね。そもそも究極とはいったい何なのか。美味しいだけではない何か特別な要素がいくつも重なり合いはじめて究極になるのではないか。 そこで、日ごろからお客様の様々な声を聞いている小売が栽培に携わればきっと何処にもない究極のお米ができるはず。でもそんな異質な提案を快く引き受けてくれる農家さんがいるのだろうか。かれこれ9年前の事、特別な栽培コンセプトの相談を栃木県塩谷の杉山ファーム、杉山さんが引き受けてくれました。こういう提案を聞き入れてくれる稲作農家さんなかなかいません。なぜならお米の業界はビジネス用語で言うとプロダクトアウト(作ったものを売る)だからです。マーケットイン(顧客が望むものを作る)という観念はほぼ無といっていいでしょう。

さて、どんな提案をしたかというと1枚の田んぼに3種類の品種を1本ずつ交互に植えます。そのお米は、味の「コシヒカリ」、粘りの「夢ごこち」、そして栃木の代表的な品種、食感の「ナスヒカリ」。ナスヒカリは茎がしっかりしているので稲が倒れにくくコシヒカリと夢ごこちを支え、ちょっとやそっとの台風では倒れません。そして生育過程で競合と協力がバランスよく発生しより強い稲としっかりした粒を実らせます。

そのお米を生産費以上の価格で私たち小売店が買い上げます。その事によって杉山ファームさんは安定栽培が可能になり品質も保たれます。そうすると手ごろな販売価格を維持することができるので消費者のお財布にも優しい。杉山さんはエコファーマーの認証を持っているので減農薬、減化学栽培。田んぼに水が入ると「扇ウキゴケ」という絶滅危惧種もお目見えします。収穫されたお米はすでに混ざっているので品種表示が「雑品種」扱い。そこで「杉三反」と名づけました。杉山ファームで、三方よし(売り手よし買い手よし世間よしという近江商人の理念)の考えの下、栽培面積3.5反(1反約300坪面積)から始まった持続的契約栽培プロジェクト。低価格で上質、最適な自然環境の中で限定栽培。

ゴールデンウィークは行楽地と連想するのが普通だと思いますが、関東近辺は田植えの時期でもあります。今年で8年目を迎えた「杉三反」という契約栽培米、名水百選にも選ばれている尚仁沢湧水が流れ込む肥沃な田んぼで毎年希望者には田植え体験を行っています。都会で流す冷や汗より農作業で流す汗は清清しく気持ちがいい、そして源泉までのトレッキングは最高の癒しになります!現代農業は政策的に窮地かもしれません、でも思考しだいですが、未来は明るいと思います。また消費者のみなさんには美味しいお米をたくさん食べて日本の風土風景を支えてもらいたい、そんな思いで続けている究極のオーダーメイド栽培米、それが「杉三反」です。