爽やかに香る ハーブを使ったお菓子
ラベンダーパウンド

2013年8月31日
爽やかに香る ハーブを使ったお菓子~ラベンダーパウンド~

8月に入り、猛暑が連日続いていますね。食欲も減りがちで体力も消耗しやすい、そんな季節、ハーブの香りで心も体も、癒されてみてはいかがでしょうか?
今回は、今の時期たくさん花を咲かせるラベンダーを使ってみました。乾燥させたハーブをアルコールに漬けると、香りがとても良く出ます。他のお好みのハーブでぜひ試してみてくださいね。
アルコールが苦手な方は、使う前に沸騰させてアルコールを飛ばしてご使用ください。(その場合はしっかり冷ました後、生地に加えてください)

ラベンダーパウンド

[材料]18×7×6(cm) パウンド型1台分
・無塩バター  100g
・砂糖       70g
・はちみつ     30g
・卵         2個
・薄力粉     100g
・ベーキングパウダー 小さじ1/4杯
・ラベンダー酒 大さじ1杯
・ラベンダー酒漬ラベンダー 小さじ2杯
※お砂糖は甜菜グラニュー糖を使用
※ベーキングパウダーはアルミニウムフリーのものを使用

【下準備】

爽やかに香る ハーブを使ったお菓子~ラベンダーパウンド~

a.ラベンダー酒を前日に漬けておく。
熱湯消毒したビンに乾燥ラベンダー大さじ5杯、ウォッカ150mlを入れ、一晩置いてラベンダーの香りを出す。(写真・『ラベンダー酒』)
b.型に常温でやわらかくしたバター (分量外)をたっぷりと塗り、粉をはたいて冷蔵庫へ入れておく。
c.卵はフォークなどで溶きほぐし、冷蔵庫で冷やしておく
d.薄力粉とベーキングパウダーを一緒にし、3回篩う。
e.オーブンを180℃に温めておく


【作り方】

①前日までにラベンダー酒を漬けておく。
②常温で柔らかくしたバターにお砂糖を入れ、ゴムべらで馴染ませ、お砂糖がバターに馴染んだらハンドミキサーでのの字描くように思いっきり混ぜる。(目安3分~4分)
※途中暑さでバター がダレる場合は氷水を当て、固さを調整する。固くなりすぎないように注意。
③白っぽくふんわりとしてきたら、はちみつを加え、よく混ぜる。
④冷蔵庫で冷やした溶き卵(夏場のみ)4~5回に分けて入れ、都度よく混ざるまで混ぜる。
※一度に加えると分離してしまい、舌触りの悪い生地になる。
⑤卵が全部混ざったら篩った粉類を入れ、ゴムベラの抵抗を使って、手早く混ぜる。
⑥お酒に漬けたラベンダーと、ラベンダー酒を加え、よくゴムベラで馴染ませる。
⑦用意した型へ入れ、50分焼く。

爽やかに香る ハーブを使ったお菓子~ラベンダーパウンド~

潮風に吹かれて深山の霊気を味合う
鵠沼「埜庵」のかき氷

2013年8月19日
潮風に吹かれて深山の霊気を味合う 鵠沼「埜庵」のかき氷

小田急・江ノ島線、鵠沼海岸駅。駅前の道を海岸へ向かってコの字型に曲がると、大勢の人だかりがあって、ここが、かき氷屋「埜庵」である。テラス風のテーブルは満席。順番待ちの補助席にも7,8人が並んでいて、すぐには席に着けそうにない。...

» 記事の続きはこちら
石黒健治Webサイト:レポート「視点・焦点・合点」

記事提供:社団法人東京都トラック協会

田舎風イタリア料理 ナチュラーレ・ボーノ

2013年8月19日

ナチュラーレ・ボーノ

田園都市線で少し都心から離れて藤が丘へ。この駅から徒歩1分の場所にある田舎風イタリア料理「ナチュラーレボーノ」では、地産地消をコンセプトに採れたての野菜を使ったイタリア料理を楽しむことができます。今回は、こちら「ナチュラーレボーノ」のオーナー植木 真さんにお話を伺いました。

今回のスポット

劇団四季

田舎風イタリア料理「ナチュラーレ・ボーノ」

場所 〒227-0043
横浜市青葉区藤が丘2-4-3 藤が丘会館B1F
HP http://n-buono.com/


ナチュラーレボーノ植木真さん ――「ナチュラーレ・ボーノ」の開業に至るまでのお話をお聞かせ下さい。
「有機・低農薬野菜の宅配らでぃっしゅぼーや」の関連事業をしていた前職で、レストラン経営を始めるということになり、99年にこのお店をオープンしました。それから2年間店長として勤務した後、独立して現在オーナーとして運営しております。


横浜市の地産地消のお野菜 ――取り扱ってらっしゃるお野菜が年間で300種類と伺いました。
そうですね、トマトだけとっても20種類以上あります。基本的には、地産地消で横浜市内の農家さんから仕入れています。普段は農家さんやJAの直売所に買い付けに行っておりますが、時には自分で畑に入って収穫したりもするんです。



――横浜市は農業のイメージが余ないのですが?
一見、相模原や平塚も農業が盛んな印象がありますが、横浜市は、神奈川県内でも三浦市の次に農業生産額が多いんです。


ナチュラーレボーノ ――野菜の仕入れ先の農家さんはどのように選ばれたのですか。
初めは、直売所などでおいしい野菜を見つけるとその農家さんを訪ねたりして探しました。最近では、JAの直売所も増えてきたので、そこに出荷されている農家さんと交渉して直接販売して頂くこともあります。



――農家の方から直接お野菜を仕入れていらっしゃるのですか?
そうですね。以前、トマトの冷製パスタを作る為に、近くのスーパーで有機トマトを買って試作したら、水っぽいパスタになってしまったのですが、たまたま通りかかった直売所のトマトを使ったら、とても香りがよく、昔ながらのトマトの味がして美味しいパスタに仕上がりました。スーパーで販売しているトマトの多くは、傷ついたり痛んだりしないように、完熟していない青い状態で捥いで出荷されます。ですが、直売所で見つけたトマトは、木で完熟させてから販売しているのでとても香りが良く、濃い味のトマトになるんです。 それから、直接農家の方から仕入れることが多くなりました。


花ズッキーニ ――具体的にはどんなお野菜がありますか。
スタンダードなイタリアの野菜はもちろんですが、出荷の手間がかかってなかなか食べられない"花ズッキーニ"なども季節によってはご用意しています。


バーニャカウダ ――お奨めのメニューを教えて下さい。
当店の一押しのメニューは、やっぱりバーニャカウダですね。横浜の野菜を一番楽しんで頂けると思います。 メニューに関しては、当初、食べたいもの、作りたいものを決めて野菜を仕入れていましたが、そうすると、中には、旬に関係ない季節外れのメニューが出来上がることもありました。しかし、地元の野菜を使うようになってからは、旬の野菜を活かしたメニューが多くなりましたね。体の熱を冷ましてくれる夏野菜、乾燥を潤してくれる秋野菜、体を温める冬の野菜、苦みのあるもので情緒の不安定な部分を整える春野菜など、その効能をできるだけ活かしたメニューを心がけています。


1  2  3