ポケットにこのハンカチを入れておくと便利。

2013年1月31日
クリーニング・クロス

インフルエンザやノロウイルスはまだまだ収まっていません。対策としてはこまめな手洗いなのですが、省エネか経費削減か手拭きがないことが時々あって困ります。ハンカチは必携ですが、今時のそれは多機能クロスに限ります。
手を拭く、汗をぬぐうのほかに眼鏡のレンズふき、スマートフォンや携帯の画面クリーナーと、マルチに使えるクリーニング・クロスという布です。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

からだも心もよろこぶ、気軽に始めるローフード

2013年1月31日

ローフード(英語:Raw Food)とは、その名の通り、できるだけ加熱せず、加工されていない野菜や果物(出来る限り、自然栽培&有機栽培)などの食材を極力"生"のまま丸ごといただく食事法です。

なぜ、"生"にこだわるのかと言うと、食物が持っている「酵素」や「ビタミン、ミネラル」などは加熱によって損なわれがちですが、"生"で食べることによって、これらが破壊されることなく効率よく摂取できるとされているから。

効率よく摂取することによって、ダイエット効果はもちろんのこと、体の抵抗力がアップする、肌や髪の調子が良くなる、不眠症、便秘、むくみ、肩こり、腰痛、間接の痛み、ホルモンのアンバランス、更年期障害など、病気までいかないけれど、といった体の不調が解消されると言われています。

このローフード、特に"生"の食材が持つ「酵素」が注目されています。もともと人間のカラダに備わっている「酵素」は体内で増やすことは難しく、体内酵素が減るにつれ老化が進行するといわれています。その限りがある「酵素」をローフードからとりいれることで、代謝や解毒、消化活動が改善されることで、健康維持やスリムボディへの期待もできるというものです。

もう少し詳しく説明すると、ローフードとは?
生きた食物酵素を摂り入れる為、野菜や果物、海草などを48度以下で調理して食べる方法。

酵素は大きく分けて、2種類あり、

【食物酵素】 (食材が持つもの)
【潜在酵素】 → 人の体内にある消化を助ける【消化酵素】
→ 細胞の修復などに必要な【代謝酵素】

というように、分けられます。体内にある潜在酵素は年齢と共に減少する為、外から食物酵素を摂取し、消化や代謝をする力を助けようという考え方です。

ローフードと言う言葉を始めて耳にしたのは2007年頃、NYのTVドラマSATC(Sex and the city)のある場面でのローフードレストラン、そして洋雑誌の、ハリウッドスターのローフードを取り入れた減量記事でした。

目にはとまったのですが、末端冷え性な私はロー=生=寒い。体が冷えそうなイメージがあり、エイジングケアといっても、ストイックなイメージもあって当時は興味を持ちませんでした。

その後、ある時免疫が弱り、子供の頃の矯正の後の金属アレルギーを発症。肌や髪質が荒れ始めて体内デトックスを行なった時に取り入れたのがローフードでした。現在は肌や髪も復活。定期的にデトックスを行なう時にローフードのみの食生活にしています。

現在、ローフードを取り入れた「集中デトックス」を提案していますが、何人もの方々が変わって行かれる姿を見ていて、ローフードの結果の早さを実感しています。

始めてのローフードにお薦めなのが週末2日間の集中デトックス。

  • ① 朝のジュース生活:生絞りジュースやグリーンスムージーにする。
  • ② 季節の生の果物や生野菜を食前に摂る。※果物は空腹時に。食後などはNGです

※朝のジュース。冬は胃腸が冷えて、内蔵冷えにならないように、目覚めには温かい白湯を飲んだり、またその季節の食材を常温でまるごと頂く。消化に負担をかけないようにスムージーよりもジュースにしてみるなども良いです。南国の果物や季節ではない食材は体を冷やしやすいので気をつけてください

※朝の時間:9時-12時は体の老廃物が排泄しやすい時間帯。この時間を上手に活用しましょう。

忙しい毎日を過ごされていらっしゃる方には、定期的なファスティング(プチ断食、酵素断食)などもお勧めです。胃腸が軽くなり、脳がデトックスされスッキリします。

体も心もよろこぶ元気になれるローフード。
自分のペースではじめてみませんか?

手袋は上等の軍手が良い理由

2013年1月27日
手袋は上等の軍手が良い理由

知人から特注品の軍手をもらったのですが、使ってみて気がついたことがあります。ふつう手袋は、左右、裏表を確かめなければなりません。ところが軍手というのは左右裏表がありません。そのため、はめる時に何も考えなくていいです。
便利です。二つ一緒にポケットに突っ込んでおいた手袋を、真っ暗闇の冬の夜道でもつけられます。こういうのをユニバーサル・デザインといいます。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!